川柳

  • ¥ 1,980 SOLD OUT
  • 【出版社内容紹介】 いまいちばんおもしろい言葉がつまった、現代川柳の決定版アンソロジー誕生! 川上日車、石部明から八上桐子、柳本々々まで35名の柳人76句選。 詳細な作者紹介、「現代川柳小史」を付す。 現代俳句や現代短歌について、短詩型文学に関心のある読者であればある程度のイメージを持っておられることだろう。けれども、「現代川柳」について、それがどのようなものか、具体的な作者や作品を挙げて語ることのできる人は少ないと思われる。川柳といえば「母親はもつたいないがだましよい」「古郷へ廻る六部は気のよわり」などの「古川柳」であり、「近代川柳」や「現代川柳」は一般にはあまり知られていない。  現在書かれている川柳の場合でも、よく目にするのは新聞川柳・時事川柳・サラリーマン川柳などである。そのような一般に流布している川柳イメージと重なりながらも異なるかたちで、文学としての川柳は書き継がれてきた。  「現代川柳」には「現代の川柳」とは異なったニュアンスがある。一九七〇年前後、「現代川柳」は「革新川柳」「前衛川柳」という意味で川柳界では受け止められていた。「伝統川柳」と「現代川柳」という対立軸があったのだ。現在では伝統と革新ということはあまり言われなくなったが、伝統であれ革新であれ、文芸としての川柳を志向する作品を「現代川柳」と呼んでおこう。(……)  具体的な川柳作品を読み味わっていただくことによって、短歌や俳句とは異なる言葉の使い方・表現の仕方を感じ取っていただければと思う。 (本書「はじめに」より抜粋) 【目次】 はじめに 現代川柳とは何か? 第1章 現代川柳の諸相 石田柊馬、石部明、海地大破、加藤久子、佐藤みさ子、墨作二郎、浪越靖政、丸山進、渡部可奈子、渡辺隆夫 第2章 現代川柳の展開 くんじろう、小池正博、滋野さち、清水かおり、筒井祥文、中西軒わ、なかはられいこ、野沢省悟、畑美樹、松永千秋    第3章 現代川柳の源流 川上日車、木村半文銭、河野春三、中村冨二、細田洋二 第4章 ポスト現代川柳 飯島章友、川合大祐、暮田真名、榊陽子、竹井紫乙、芳賀博子、兵頭全郎、湊圭史、八上桐子、柳本々々 第5章 現代川柳小史 【収録作品の一部】 銀河から戻る廊下が濡れている  加藤久子 「「「「「「「「蚊」」」」」」」」  川合大祐 付箋を貼ると雲は雲でない  兵頭全郎 時速などというから豆腐が固くなる  石田柊馬 ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ 都合よく転校生は蟻まみれ  小池正博 編著 小池正博 装丁 森敬太 装画 大河紀 発行所 書肆侃侃房 発行日 2020年10月 四六判 312ページ

  • ¥ 1,100
  • 暮田真名第一句集 七月の夜の一億総家出 雰囲気にのまれて砂丘するおかゆ 調律をしても心が痛まない 明日から北斗七星失調症 聡明な消化器官におかれましては (本文より5句抜粋) 著者 暮田真名 発行日 2019年6月1日(第2刷) A6判 99ページ

  • ¥ 1,650 SOLD OUT
  • 【出版社内容情報】 80年代に川柳句集『有夫恋』が大ベストセラーとなり、川柳界の与謝野晶子と呼ばれた時実新子。大人の情愛を17音字で描き、女性たちの共感を呼んだ句は、今も色褪せることなく輝き続けている。 2007年に惜しまれてこの世を去った時実新子は、今年で生誕90周年となる。この記念すべき年に、新子の魂を受け継ぐ「現代川柳」編集部の手によって編み直された、川柳アンソロジー決定版。全集未収録句・未発表句を含む珠玉の352句を収録。 著者 時実新子 発行所 左右社 発行日 2019年6月30日 四六判 96ページ

  • ¥ 1,320
  • フクロウ会議のfirst workです。 フクロウ会議とは:八上桐子さん、牛隆佑さん、櫻井周太さんによる川柳、短歌、詩のユニット。2019年、開会。 【「フクロウ会議の会議」参加者(敬称略)】 池田彩乃 江口ちかる 江戸雪 小池正博 曾根毅 中山奈々 疋田龍之介/笑福亭智丸 木曜何某/木曜屋 編集・発行 フクロウ会議 発行日 2019年8月31日 182×182mm 134ページ