動物・植物

  • ¥ 3,080
  • 【出版社内容紹介】 動物の解放と障害者の解放の、深くて大切な結びつき アメリカン・ブック・アワード(2018年度)受賞作品!  スナウラ・テイラーは、一人の障害当事者として、障害者運動と動物の権利運動の担い手として、そして一人の芸術家として、読者に問いかける。もし動物と障害者の抑圧がもつれあっているのなら、もし健常者を中心とする制度と人間を中心とする倫理とがつながっているのなら、解放への道のりもまた、交差しているのではないか、と。  彼女は考えつづける。デモに参加しながら、絵を描きながら、対話しながら、食べながら。いったい何が、動物たちから人間を、障害者ではない人たちから障害者を、区別しているのだろうか、と。  彼女は考えつづける。身体的・精神的な能力の有無や高低(世界の中でどのように動いたり、動けなかったりするか)を基準にして、私たちは、自分を「人間」として意識し、他なる者を「動物」として値踏みしてしまっているのではないか、と。「人間」としての自分という自負を保つために、私たちは、「動物」との違いを際立たせることに、どれほど血道をあげているのだろうか、と。  この『荷を引く獣たち』には、「障害」と「動物」という、これまで対立すると見なされてきた問題が、実際には深く結びついているということが、テイラー自身の体験にもとづいて、丁寧に書かれている。  そのうえで彼女は、もっと風通しのよい、ゆたかな経験と共感にくつろぐ未来を、読者に語りかける。目前の世界の姿を、荷車や車椅子の輪のように、ぐるりと回転させ、しなやかに変えてみせるのである。おおらかに、エレガントに。   壊れやすく、依存的なわたしたち動物は、ぎこちなく、不完全に、互いに互いの世話をみる。本書は、そのような未来への招待状である。 【目次】 プロローグ 鶏〔にわとり〕が積まれたトラック Ⅰ いくつかの閃き〔ひらめき〕 1 奇妙だけれどほんとうの 2 障害とは何か? 3 動物の不具〔かたわ〕たち Ⅱ 動物倫理を不具〔かたわ〕にする 4 話すことのできたチンパンジー 5 健常者中心主義と動物 6 動物とは何か? 7 憶えていたチンパンジー Ⅲ わたしは動物だ 8 猿みたいに歩く子 9 動物侮辱〔ぶじょく〕 10 動物を主張する Ⅳ すべて自然だ 11 生まれながらのフリーク 12 あらゆる動物は平等だ(だがもっと平等な動物もいる) 13 新たな団欒〔だんらん〕に向けて 14 肉の浪漫〔ロマン〕化 15 肉という天災 Ⅳ すべて自然だ 11 生まれながらのフリーク 12 あらゆる動物は平等だ(だがもっと平等な動物もいる) 13 新たな団欒〔だんらん〕に向けて 14 肉の浪漫〔ロマン〕化 15 肉という天災 Ⅴ 相互依存 16 必要の衝突 17 種〔しゅ〕と能力を超えるケア 18 サービス・ドッグ 謝辞/ 註/ 訳者あとがき/ 索引 著者 スナウラ・テイラー 訳者 今津有梨 発行所 洛北出版 発行日 2020年9月10日 四六判 444ページ

  • ¥ 1,900 SOLD OUT
  • 著者 高橋有希 発行所 誠文堂新光社 発行日 2013年11月26日 B5判 208ページ 【状態】 帯付き カバー:少キズ、少折れ 天:少ヨゴレ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社紹介】 コケを愛する著者が贈る、コケ初心者のための骨太ビジュアルエッセイ。読みながら疑似体験し、すぐに出かけて実体験したくなる参加型ブック。知れば知るほどコケの魅力にはまる……。女子のための理科実験本! 著者 田中美穂 写真 伊沢正名 イラスト 浅生ハルミン 発行所 WAVE出版 発行日 2007年10月 A5判変形 136ページ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社内容紹介】 『苔とあるく』の著者、田中美穂(蟲文庫主催)による待望の第2弾です。 前著からさらにコケワールドに踏み込んだ、 「もう少しコケの種類がわかるようになりたい人のための本があれば」 という願いから誕生しました。 本書の大部分を占める図鑑ページは、田中美穂が執筆を担当しています。 またコケの写真を撮り続けてきた自然写真家・伊沢正名氏による、これまで未公開だったコケの写真を贅沢に掲載しています。 これに合わせて、区別しづらいコケの特徴を、田中氏と伊沢氏による補足写真やイラストで説明。 さらにコケのライフサイクルやコケのありかを推測する方法、コケの観察中に見つけた動植物など、 コケについて全く知らない初心者から上級者まで、 そしてコケを探しに出かけたい人はもちろん、眺めて楽しみたい人にも役立つ内容です。 著者 田中 美穂 写真 伊沢 正名 発行所 山と渓谷社 発行日 2014年1月24日 A5判 128ページ

  • ¥ 1,540
  • 【出版社内容紹介】 野山や水辺で見られる草花や樹木395種を、四季別に分けて写真付きで紹介。その植物独特の生命の不思議な営みやユニークなエピソードを図解。 花色でわかる写真もくじと、葉の形・つき方でわかる写真もくじを掲載。 美しい細密イラストで植物の不思議ワールドを大公開! 監修 宮内泰之 発行所 成美堂出版 発行日 2017年03月29日 A5判 320ページ

  • ¥ 924
  • 【出版社内容紹介】 人類にとって究極の伝統食材、それが昆虫。世界の昆虫食の現状を紹介するほか、嫌いな人の心理や食料としての可能性、さらには食育まで、昆虫食のあらゆることを深く楽しく追究する! 子供の頃には身近でも、大人になってしまうと、「うっ」と思う人が多くなってしまうのが昆虫である。しかし、よくよく考えてみれば、昆虫は人類が人類になる前から食べてきた「究極の伝統食」。日本でも、イナゴの佃煮やハチの子、ザザムシなどが地域によってはよく食べられているし、世界を見渡せば、それこそ、日本では食べられていないタガメやゴキブリなども食されている。本書では、そうした世界で食べられている昆虫の紹介のほか、「食材としての昆虫」の可能性を新たに追究していく。例えば、味覚センサーにかけてみると、ハチの子はうなぎに、セミはナッツによく似ているという結果が実際に出ている。さらには、どうやったら「おいしく食べられるか」といった、料理の研究にまで、一歩、踏み込んでいく。 「ゲテもの食い」か? はたまた「人類の未来食」か? とどまるところを知らない著者の「昆虫食の世界」へ、ようこそ! 著者 内山昭一 発行所 平凡社 発行日 2012年4月 親書判 264ページ

  • ¥ 1,320
  • 【内容紹介】 東京都日野市在住の昆虫料理研究科・内山昭一。昆虫食の盛んな長野で幼少より昆虫食に親しんだ内山は、普及・啓蒙活動を熱心に続けている。 彼が主催する試食体験会では、昆虫のグロテスクな見た目とは裏腹にその美味しさに目を丸くする参加者も多い。海外のテレビ局による取材や自宅での食用ゴキブリ飼育の様子を記録した。 監督 伊藤弘二 出演 内山昭一 ムシモアゼルギリコ 佐々木孫悟空 他 販売元 密林社 時間 80分 ディスク枚数 1 発売日 2015年12月31日

  • ¥ 1,320
  • 【出版社内容紹介】 本気で昆虫食を考える!都会に暮らす人たちは食料を自力で生み出す術を知りません。食料危機という非常時は、動物性タンパク質をどう摂るかを考える必要に迫られます。このとき検討される食材に昆虫が入るかどうかはとても重要です。自給自足が可能な昆虫食で来るべき食料危機に備えよう! 著者 内山昭一 発行所 サイゾー 発行日 2015年11月2日 四六判 208ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 ついに出た! 昆虫料理時代の到来を告げるオールカラーの本格的昆虫料理レシピブック 和洋中から、おつまみ、デザートまで昆虫づくし。まさに食の新世界! かつてないほんとうにおいしそうな昆虫食レシピ本。 2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)は世界の食糧問題に対処するために昆虫類の活用を勧める報告書を発表しました。昆虫は食用として栄養価が高いほか、環境に優しい家畜飼料用などとして、さらなる可能性を秘めています。 世界では少なくとも20億人がすでに甲虫やハチ、バッタなど約1,900種類の昆虫を伝統食としています。 このような昆虫食を文化的な視点で取り上げた本は既に刊行されていますが、プロセスがしっかり入り、カラーでビジュアルを楽しめる昆虫料理の書籍はまだありません。 本書は我が国初の、フルカラー本格的昆虫料理本です。昆虫料理の世界の到来を予感させる記念碑的出版。 《目次》 PART1 見た目にやさしい昆虫料理  01「コオロギ入り豆腐ハンバーグ」【和風】/02「ミルワームの茶碗蒸し」【和風】/03「ジャンボカイコのがんもどき」【和風】/04「タガメ風味のにんじんサラダ」【洋風】/05「アリの子のパンプキンポタージュ」【洋風】/06「ハチの子まん」【エスニック】/07「アリの子のナムル」【エスニック】/08「タケムシの水餃子」【エスニック】/09「イナゴのクッキー」【洋風】/10「ハチの子といちごのバニラアイスプリン」【洋風】/11「タガメとアリの子のバタークリームチョコレートケーキ」【洋風】/コラムQ&A 1(内山・木谷対談) PART2 素材を生かした昆虫料理  12「ハチの子飯」【和風】/13「イナゴのかき揚げ」【和風】/14「タガメ風味のそうめん」【和風】/15「ジャンボカイコのボンゴレ風」【洋風】/16「バッタのチーズフォンデュ」【洋風】/17「コオロギのピザ」【洋風】/18「ミールワームのキッシュ」【洋風】/19「ハチの子のタイ風カレー」【エスニック】/20「コオロギ入りワカモーレ」【エスニック】/21「タケムシの大根包み」【エスニック】/22「白玉とタケムシのみたらし味」【和風】/23「アリの子の寒天」【和風】/24「コオロギのチョコフォンデュ」【洋風】/25「タガメのウオッカ」【ドリンク】/コラムQ&A 2(内山・木谷対談) PART3 野趣を楽しむ昆虫料理   26「カミキリムシの照り焼き」【和風】/27「サクラケムシと桜の花のおこわ」【和風】/28「スズメバチときゅうりの酢みそ和え」【和風】/29「セミ親子の串揚げ」【和風】/30「カイコ尽くし丼」【和風】/31「スズメバチのロールキャベツ」【洋風】/32「バッタのフライ」【洋風】/33「セミチリと中華風マヨネーズソース」【エスニック】/34「サクラケムシ桜餅」【和風】/35「スズメバチのバナナ入り包み焼き」【エスニック】/36「ミツバチキャラメリゼのクロカンブッシュ」【洋風】/37「はちみつ酒のシャーベット」【洋風】/コラムQ&A 3(内山・木谷対談) PART4 スペシャル昆虫料理  虫寿司 38「オオスズメバチのにぎり」/39「セミ親子のにぎり」/40「イナゴのにぎり」/41「カミキリムシの軍艦」/42「ハチの子の軍艦」【和風】 虫おせち 43「イナゴの田作り」【和風】/44「スズメバチのなます」/45「タガメ風味のアリの子きんとん」【和風】/46「カイコのせ 紅白かまぼこ」【和風】/47「ハチの子のうまき風」【和風】 酒つまみ /48「バッタの3色天ぷら」【和風】/49「タケムシのチーズ焼き」【洋風】/50「カマキリベビーのせ ピリ辛豆腐」【エスニック】 おまけ 「繭づくし」/コラムQ&A 4(内山・木谷対談) 調味料編  アリの子ドレッシング/虫みそ/イナゴ塩  寄稿 世界初の昆虫調味料「イナゴソース(仮)をつくってみた 現地レポート 東南アジア昆虫食事情 身近な食べ物と暮らす人々 食材昆虫小事典 安心して食べるための注意点/イナゴ・コオロギ・バッタ/アリ/ミツバチ・スズメバチ/甲虫類/ガ・カイコ/タガメ・セミ/入手先一覧/薬虫の長い歴史 コラム ザザムシ、注意すること、購入先一覧、素材逆引きさくいん、あとがき、料理名(英文)、概要説明(英文) 著者 木谷美咲、内山昭一 発行所 山と渓谷社 発行日 2014年7月18日 A5判変形 128ページ

  • ¥ 836
  • 【出版社内容紹介】 カミキリムシの幼虫はマグロのトロ、バッタはエビ、オオスズメバチの前蛹はフグの白子、ハチの子はウナギ――食材として昆虫を採って、調理して、食べること二十年、昆虫食の第一人者は、その美味しさをこう喩え、こう訴えるのだ。「昆虫が食べ物と認識された瞬間から世界が変わって見えるようになる」と。調理法、注意点、そして食糧難の解決策としての意義まで、人類が知っておくべき昆虫食のすべてがここに。 《目次》 はじめに 安心して昆虫食を楽しむために 第1部 昆虫を味わう 1 東京郊外でザザムシを喰らう 2 カイコは味も糸を引く 3 フタホシコオロギ味比べ 4 クツワムシの鳴き声はうるさいが、味は優しい 5 ウナギ不足はハチの子で解決 6 カブトムシはなぜ不味いのか 7 カミキリムシの幼虫は、マグロのトロの味 8 ジョロウグモはチョコの味? 枝豆の味? 9 トノサマバッタの脚は美味いが、食べると危険 10 アブラゼミとクマゼミは、食感も味も大違い 11 カメムシは本当にパクチーの香りがするか? 12 聖書でバッタ食はなぜ許されているのか 13 カマキリは卵がうまい 14 ハキリアリはハタラキモノだ! 15 バッタはなぜ、エビの味がするのか 16 オオスズメバチ前蛹は、フグの白子の味がする 17 サクラケムシの糞茶は、上品な桜の香り 18 オオゴキブリは美味しい 19 なぜヘビトンボの幼虫が「孫太郎虫」になったのか 20 タイワンタガメの雄は、ラフランスの香りで雌を呼ぶ 21 マダガスカルゴキブリの雄は、「シューッ」と鳴いて雌を口説く 22 クリムシは本当に栗の味がするか 23 アメンボはやっぱり甘かった 24 イナゴで稼ぐ 25 イナゴンピックで田んぼを守る 26 セミを食用に採ることを禁ず 第2部 古今東西、そして未来の昆虫食 1 人類発祥とともにあった昆虫食文化 昆虫は七〇〇万年前から人類の日常食/自然と文化の融合の中で/明治の西欧化と昆虫食の衰退/“食べず嫌い”は雑食動物の証/昆虫を学校給食に/欧米と日本の昆虫観と昆虫食の違いはなぜ生じるのか/和食文化と昆虫食 2 世界では二〇〇〇種類近くの昆虫が食べられている カゲロウ、アタマジラミ、ハエ……世界は昆虫を食べてきた 3 今なぜ昆虫食が注目されているのか 国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨/宇宙食としての昆虫/サバイバル食としての昆虫 4 昆虫食の明日 小学校の授業でバッタ採り/「ムシテックワールド」での昆虫食デザインの試み/自由研究のテーマに「昆虫食」/いま信州は高校生が熱い おわりに 主要参考文献等 著者 内山昭一 発行所 新潮社 発行日 2019年1月17日 親書判 216ページ

  • ¥ 1,540
  • 【出版社内容紹介】 ◆本書「はじめに」より(昆虫料理研究会代表 内山昭一) 「虫って食べたことある?」「イナゴとかハチの子はおいしかったけど」「もっといろいろ食べてみたい?」「ほかにどんな虫が食べられるの?」という時に使ってほしいのが本書です。 昆虫は環境にやさしく生産効率に優れた食材として注目されるようになってきました。そのため昆虫食を体験したいと思う人たちが増えてきています。 本書はそうした時代の要請を受けて企画された日本初の食用昆虫図鑑です。入手が比較的容易で食用に適した132種を厳選し、調理法や味・食感をコンパクトに収めたハンドブックです。 昆虫食を試してみたいと考える多くのみなさんの手引きとして大いに活用されることを願っています。 《目次》 ・はじめに ・この本の使い方 ・食べられる虫とは ・昆虫食の歴史とロマン ・未来の食料 ・食べられる虫ベストテン ・昆虫の栄養価 ・採集するとき・食べるときの注意点 ■春の虫たち ・春の草原や庭先 ・春の里山や林 ■夏の虫たち ・夏の水辺 ・夏の草原や庭先 ・夏の里山や林 ■秋の虫たち ・秋の水辺 ・秋の草原や庭先 ・秋の里山や林 ・裏表紙の料理紹介 ■様々な虫たち ・人と共に生きる虫たち ・外国から来た虫たち ・昆虫以外の小さな生き物たち ・世界の食用昆虫リスト ・購入ガイド&料理研究会のお知らせ 著者 内山昭一 発行所 自由国民社 発行日 2013年12月3日 B6判変形 96ページ

  • ¥ 4,200
  • 著者 澁澤龍彦 発行所 平凡社 発行日 1988年2月15日 A5判 224ページ 【状態】 函付 函:少ヤケ、少シミ 本体:天・小口少シミ

  • ¥ 500 SOLD OUT
  • 著者 武田花 発行所 深夜叢書社 発行 昭54 A5 解題 春日井建・山中智恵子・建石修志・荒川晃 函傷み、ヨゴレ、シミ 本体表紙にシミ 本文 美

  • ¥ 1,870
  • 【出版社内容紹介】 気をつけて見てみると、野山や道ばたには四季を通じていろんな花が咲いている。見慣れたユウナ(オオハマボウ)の花や絶滅危惧種のエビネの花、小さな小さな花のルリハコベ、そして葉っぱは知っているけどこんな花だったんだというンジャナ(ホソバワダン)の花や山の中に咲くサザンカの原種など88科293種を掲載。 それぞれに植物名と科名、沖縄での花の時期を記載。著者なじみの植物には子どもの頃のエピソードも。 著者 安里肇栄 発行所 ボーダーインク 発行日 2017年11月20日(第3刷) A5判 128ページ

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 TOOMIN VALLEY(トーミン谷)に、ひょんなことから 迷い込んでしまった小さいおじいさん。 そこでペンギンのかしゅに出会います。 「ARUHI NO KOTO...」からはじまる、 ABC...Zの順で、話が展開していくABCの絵本です。 著者 出口かずみ 発行所 えほんやるすばんばんするかいしゃ 発行日 2016年12月17日 154×108mm 34ページ

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 9つの短いお話が入った短編集。 【あとがきより抜粋】 この本は、本当はネコに読み聞かせるために作ったものです。 なので、ひとつひとつがとても短いお話です。ネコは話を聞くのにあまり辛抱強くないからです。 著者 出口かずみ 発行所 えほんやるすばんばんするかいしゃ 発行日 2019年7月26日(第3刷) 182×132mm 48ページ

  • ¥ 2,530
  • 【出版社内容紹介】 出口かずみさん初の画集です。 出口さんと一緒に暮らす猫「小八」の思いを想像し、描いた作品集。 著者 出口かずみ 発行所 えほんやるすばんばんするかいしゃ 発行日 2019年6月29日 176×174mm 56ページ

  • ¥ 1,980
  • 南伊豆でほぼ自給自足の生活をしている画家、くぼやまさとるさんの「ニセ蟲図鑑」。 地球と驚くほど環境の似た架空の惑星「キムネジネ」に生息する昆虫の図鑑です。 巻末には植物や動物、精霊、妖精も描かれています。 生き生きとした架空の昆虫たちが、色鮮やかな色彩と繊細なタッチで描かれています。 ポストカードもございます。 四六判変形 上製 本文 カラー 96ページ

  • ¥ 220
  • 画家くぼやまさとるさんの彩り豊かなポストカードです。 ・空想昆虫 ・ピンククジラ ・ウミガメ

  • ¥ 1,980
  • 音の台所さんと春畑セロリさんによる絵と詩と音楽で絶滅危惧種たちに思いをよせる作品。 科学コミュニケーターの深津美佐紀さんによる解説やゼツメツキグシュリスト、生物学者の阿部健一さんによるコラムも収められています。 この絵本のほかに、CDと楽譜も発売されており、読んで聴いて弾いて楽しめる作品です。 この本は 左ページに 小さな楽譜 右ページには 生きものの絵 絵のなかの短い詩を そっと声をだして 読んでみてください 詩のタイトルは「音楽用語」 生きものの特徴に結びつく言葉です この絵と詩から ピアノ曲がうまれました 曲のタイトルは「生きものの名前」 彼らのすむ空間へ つれて行ってくれる曲 小さな楽譜は いちばん彼ららしい一節 生きものたちの 音のモティーフです 絵と詩と音楽 左右のページを眺めながら ゼツメツキグシュたちの声を 言葉を どうぞ想像してみてください (まえがきより) 著者 絵と文:音の台所(茂木淳子)、音のモティーフ:春畑セロリ 発行所 らんか社 発行日2018年5月15日 A5変形判(15.4×15.4cm) 46ページ

  • ¥ 1,540
  • 音の台所さんと春畑セロリさんによる絵と詩と音楽で絶滅危惧種たちに思いをよせる作品。楽譜のほかに絵本とCDがあり、読んで聴いて弾いて楽しめる作品です。 「絶滅危惧種」。 気がめいる漢字ばかりならんでいる。嫌な言葉だ。生き物は「君は絶滅危惧種だ」と指差されたら、どんな気持ちになるのだろう…。 〔中略〕 「生物多様性」という言葉も嫌いだ。これも漢字ばかり。よく目にするが、なんのための言葉かわかりにくい。生物多様性は人間の役に立つから「保全」しなければならないという人がいる。でも、小学校の時に、生き物を大切にしましょう、と教わっている。なぜわざわざ生物多様性の保全と言わなければならないのだろう。 「絶滅危惧種」も「生物多様性」も、実は、われわれ生物学者が創った言葉だ。仕方がなかった。生き物のことを頭で考える人が多くなったから、難しい言葉を使って理詰めで説明しなければならなかった。でも生き物を想うときに必要なのは、心に響く言葉だ。本当に大切なことはやさしい言葉で語られている。 その言葉を、音の台所さんの絵と春畑セロリさんの音楽がつくりだした。音楽は究極のやさしい言葉だと思う。頭ではなくて心に語りかける。生き物のためのピアノ曲に、絶滅危惧種なんて言葉はいらない。だから「ゼツメツキグシュ」。 〔中略〕 生物学者は、〔…〕ピアノが弾けない。弾ける人もいるかもしれないけど僕は弾けない。だからみなさんにぜひ弾いてほしい。一度だけやんばるの道端で見かけたヤンバルクイナがどんな音楽になるのか、はやく聞きたいのです。 (阿部健一さんのまえがきより抜粋) 作曲者 春畑セロリ 絵と文 音の台所(茂木淳子) 発行所 音楽之友社 発行日 2018年3月31日 菊倍判 48ページ

  • ¥ 1,620
  • 音の台所さんと春畑セロリさんによる絵と詩と音楽で絶滅危惧種たちに思いをよせる作品。CDのほかに絵本と楽譜があり、読んで聴いて弾いて楽しめる作品です。 「ゼツメツキグシュノオト」は絶滅の心配がある生き物たちをテーマとした18の小さなピアノ曲です。生き物たちはなぜ絶滅してしまうのか、絶滅してしまうとどうなるのか、それを食い止めるためにわたしたちに何ができるのか…。みなさんもこの作品を通して、いっしょに生き物のこと、地球のことを考えてみませんか。 (帯文より) 曲 春畑セロリ ピアノ 内藤晃 文・朗読 音の台所 全18曲(朗読入りのトラックと音楽のみのトラックがあります) レーベル 日本アコースティックレコーズ 発売日 2018年3月9日

  • ¥ 3,000
  • 皇居の植物の総目録とその解説 編 生物学御研究所 発行所 保育社 発行 1989/11/30 初版 函、ビニールカバー付 函は経年変化による汚れや破れが若干ありますが、中身はとてもきれいな状態です。 備考:動物・植物棚