沖縄

  • ¥ 1,650
  • 琉歌、詩、短歌へと新たなる調べは深い祈りと命への讃歌 湊さんのこの歌集は、五七五七七の短歌の韻律の作品を主としつつ、八八八六の琉歌の音数律の作品も編み込まれている特殊な一冊である。  冒頭の章「天のことぶれ」には、「太陽」を「ていだ」と発音するなど、沖縄固有の言葉や風俗が編み込まれ、沖縄の風景を想起させるおおらかな韻律の作品が並んでいる。(東直子)  「歌」の文字(哥+欠)は人が口をあけてうたう様をあらわすけれど、琉球の歌の伝統は十六世紀から十七世紀に首里王府によって編纂された最古の歌謡集『おもろさうし』がよく伝えている。歌謡「おもろ」のゆったりとした文体、リズムが美しいのは、かつては節をつけ、手拍子でうたわれたことにもかかわるとされるが、この伝統文芸は現代の沖縄民謡の詞にも引き継がれてきたといえよう。(与那原恵) 【作品紹介】 うすれゆく太陽(てぃだ)のひかりは夕星(ゆふづつ)のまたたく際にか海に溶け入る りんりんと原野(はらの)に虫がしきり鳴く星を招ぶがに冴えとほるかな 天の川 波立つ雲間に月の舟 寄り添ふ思ひ星合ひの岸に 硝煙のにほひ立ち込む月映えのけしき苦しや 死屍散る原の ガジュマルの天を遮る枝ぶりと葉むらの暗がり ふと蝶の舞ふ モクマオウの林に散らばる骨と肉 敵味方なき戦野のけしきに 青蜥蜴の波打つ腹のリズムよし 酷暑の昼にへばる風なく うなそこの疎開船のふなぞこの幼きみたまは浮かばるるなく ガジュマルの根瘤に丸まる白き猫 地より出でたる精霊(むん)のごとある 水よまさやかに さ鳴れひそやかに あかれとことはの 夢をちぎり うなばらを燃ゆるはがねの龍がゆく 煽る荒波 みなも煮え立つ 著者 湊禎佳 発行所 七月堂 発行日 2020年7月1日 A5判 157ページ

  • ¥ 1,045 SOLD OUT
  • 【出版社内容紹介】 ますます冴える90代エッセイ、読む歌あしび 人生を楽しむ達人の琉歌、温故知新ここにあり いまよみがえる琉球の歌ごころ。 島々村々に歌い継がれてきた恋歌には、情があり、笑いがあり、悲しみがある。忘れてはならない時代の記憶を、いまおもいのまま書きつづる。 気ままな筆致のなかに光るベテランジャーナリストの知見、いにしえのエピソードの数々。 ライター島袋寛之、激賞! 「ざっとしか読んでないけど、素晴らしかった。もちろん期待して読み始めたわけだけど、予想のだいぶ上に来た。資料価値もあり過ぎ。知らないことばかりだった。というかぼくは沖縄のことを何も知らないんだな。」 著者 宮城鷹夫 発行所 ボーダーインク 発行日 2017年3月 新書判 304ページ

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 小さな愛、大きな愛。 見える愛、見えない愛。 地上の愛、天上の愛。 トーマ・ヒロコはすべての愛を求め、 いれたての紅茶のように人の心を和らげる。 ――又吉栄喜(芥川賞作家) 第32回山之口貘賞受賞詩人トーマ・ヒロコ10年ぶりの詩集 さまざまな日常を切り取る繊細な描写と 静かに私たちの背中を後押しする言葉たち。 基地や戦争といった沖縄問題にまつわる詩や 著者が所属するゴスペルチームのコンサートでの朗読用に書き下ろした3篇の連詩も収録した 全27編。 著者 トーマ・ヒロコ 発行所 ボーダーインク 発行日 2019年6月23日 B6判 80ページ

  • ¥ 2,750 SOLD OUT
  • 音の台所さんの絵本『くもこちゃん』と、『くもこちゃん』が誕生するきっかけとなった、宇田智子さんのエッセイ『那覇の市場で古本屋』をセットにして送料無料でお送りいたします。 「くもこ」という、美しいもの、貴重なもの、宝物をさす、今は使われなくなってしまったなんとも愛らしい響きの琉球の言葉から広がる沖縄の景色や音をご堪能ください。 宇田智子『那覇の市場で古本屋』 【出版社内容紹介】 市場通りは行き交う人も本もおもしろい。今日も淡々と店番中。 日本一大きな新刊書店の書店員から、日本一狭い古本屋の店主へ。 〈ジュンク堂那覇店が開店するときに東京から異動してきた私が、 その二年後にひとりで古書店を始めるとは、自分でも思いもしなかったー〉 市場通りは行き交う人も本もおもしろい。三畳の帳場から眺める、日々の切れはしを綴った、著者初めてのエッセイ集。待望の、と言ってもいいでしょう! 著者:宇田智子 発行所:ボーダーインク 発行日:2013年7月 221頁 音の台所『くもこちゃん』 むかしむかし沖縄には くもこ色という言葉がありました 今は使われなくなった言葉です くもこ色ってどんな色でしょうね? 今日も沖縄の空を飛ぶくもこちゃん 首里の空 ヤンバルの森 島々の海 くもこちゃんはどんな色かしら? 宇田智子さんのエッセイ「くもこ」を読まれたことをきっかけにこの物語は始まりました。 2018年に音楽紙芝居「くもこちゃん」が、この度絵本として誕生しました。 巻末には、絵本にでてくる絵と言葉を詳しく解説をした「くもこ辞典」も収録されており、沖縄の文化や伝説や気候などにふれることができます。 著者:音の台所 発行所:七月堂 発行日:2020年3月9日 サイズ:160㎝✕160㎝ 並製 中綴じ 24頁 ※海外への発送は送料無料の対象外です

  • ¥ 6,000
  • 裏表紙右上に折れあり 他概ね良好 著者 仲里効ほか編 出版社 沖縄県立博物館・美術館 発行 2011年 展覧会図録 B4判 215ページ

  • ¥ 990
  • 音の台所さんが2018年に発表した音楽紙芝居「くもこちゃん」を元に製作された絵本です。 『くもこちゃん』のお話を思いつかれたのは、宇田智子さんのエッセイ『那覇の市場で古本屋~ひょっこり始めたウララの日々』(ボーダーインク)を読まれたことがきっかけでした。 沖縄で古くに使われていた言葉で、美しいもの、貴重なものを「くもこ」と呼んでいたそうで、漢字で書くと「雲子」と表されます。 むかしむかし沖縄には くもこ色という言葉がありました 今はもう使われなくなった言葉です くもこ色って どんな色でしょうね? 今日も沖縄の空を飛ぶくもこちゃん 首里の空 ヤンバルの森 島々の海 くもこちゃんは どんな色かしら? 著者 音の台所(茂木淳子) 発行所 七月堂 発行日 2020年3月9日 160×160mm 23ページ

  • ¥ 150
  • 音の台所さんのポストカード。 沖縄の空をお散歩するくもこちゃんの様子が描かれています。 絵本『くもこちゃん』はこちらからご覧ください。 https://shichigatsud.buyshop.jp/items/27161352 むかしむかし沖縄には くもこ色という言葉がありました 今はもう使われなくなった言葉です くもこ色って どんな色でしょうね? 今日も沖縄の空を飛ぶくもこちゃん 首里の空 ヤンバルの森 島々の海 くもこちゃんは どんな色かしら? 『くもこちゃん』のお話を思いつかれたのは、宇田智子さんのエッセイ『那覇の市場で古本屋~ひょっこり始めたウララの日々』(ボーダーインク)を読まれたことがきっかけでした。 沖縄で古くに使われていた言葉で、美しいもの、貴重なものを「くもこ」と呼んでいたそうで、漢字で書くと「雲子」と表されます。 制作:音の台所 105×148

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 戦前の文芸復興から現在の文壇まで 文学者と作品で綴る100年の物語 1909年(明治42年)新聞に「沖縄に於ける文芸復興の第一年…」という記事が掲載されてから100年ー。さまざまな歴史の波をかいくぐってきた沖縄文学の100年はどのようなものだったのか。1910年前後から2000年代まで、10年ごとに章分けし、文学者と作品、そして時代を追っていく。 「もう一つの近・現代史」ともいえる深くて広い沖縄文学の世界を紹介。 巻末の人名索引では215名を掲載。沖縄文学の入門書としても最適。 著者 仲程昌徳 発行所 ボーダーインク 発行日 2018年10月(第1刷) 親書判 247ページ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社内容紹介】 琉球王国の政治・経済・文化の中心的役割をはたしてきた城、首里城。戦後、沖縄戦で破壊された正殿の復元が叫ばれるなか、その真の姿を発掘調査によって追究してきた著者が、沖縄を代表するグスクとしての首里城の特色と出土した貿易陶磁器、武器・武具、装飾品などを解説する。 著者 當眞 嗣一 発行所 新泉社 発行日 2020年3月30日 A5判 96ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 糸満の漁師たちの日常、軌道馬車、活気あふれる那覇の市場――。 1935(昭和10)年に沖縄県で撮影された貴重な写真が、朝日新聞大阪本社で大量に見つかった。国内最大の地上戦となった沖縄戦(1945年)以前の写真は極めて珍しく、朝日新聞やウェブ上で大きな注目を集めている。 沖縄の人々の生き生きとした暮らしぶりを活写し、当時の民俗、建築、産業、自然をも鮮明に記録する写真の数々は写真のプロたちもうなるほどクオリティーも高い。写真約100点のほか、現地の古老らの証言なども収録。後世に残す「永久保存版」。 編者 週刊朝日編集部 発行所 朝日新聞出版 発行日 2017年7月31日 A4判変形 128ページ

  • ¥ 1,980 SOLD OUT
  • 【出版社内容紹介】 沖縄都市モノレール開通を記念して復刊された、幻の名著。 【目次】 沖縄県鉄道  沖縄県鉄道の足あとをたどる  業績  車輌のはなし  県鉄各駅停車 沖縄の電車  ちんちん電車が走っていた  電車の乗客数と経営 馬車軌道・トロッコ  各地で活躍した馬車軌道・トロッコ 著者 加田芳英 発行所 ボーダーインク 発行日 2007年9月25日 B5判 121ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 イラストでわかりやすい、初めてでも作れる 「うちなーごはん」の基本が一冊に! 沖縄の太陽をいっぱいにあびてそだった 島野菜や海の幸は、からだにやさしい「くすいむん」。 自然の恵みに感謝して、つくられてきた毎日のごはんこそ、知恵のつまった「ぬちぐすい」。 季節ごとの身近な食材を使った、「沖縄の家庭料理」うちなーごはんを、もう一度、見直してみませんか。 夏・秋・冬・春、季節ごとの食材・レシピとオールカラーのイラストで、目にもおいしい一冊です。 著者 はやかわゆきこ 発行所 ボーダーインク 発行日 2017年5月31日(第2刷) B5判 112ページ

  • ¥ 1,738
  • 【出版社内容紹介】 伝統とモダン,あたらしい沖縄に出会う ものづくりにまつわる物語 本土文化とは一線を画す沖縄は手工芸もオリジナリティに富んでいます。昨今の手仕事への人気を踏まえ,雑貨スタイリスト,小澤典代さんが沖縄にある伝統の手仕事をアイテムごとにめぐり紹介。つくられるものの歴史的背景やつくり手の思いにも触れることで,手仕事にまつわる物語として伝えます。 年間の旅行者が600万人の沖縄。やちむんや琉球ガラスをはじめとした,紹介作品,工芸品を購入できるショップはじめ,地元の食堂,モダンさを感じさせるお土産などもあわせて掲載しています。 民芸,工芸品,道具が好きな方,沖縄旅行のリピーター,テーマのある旅を求める人にもおすすめです。 著者 小澤典代 発行所 技術評論社 発行日 2017年2月21日 A5判 176ページ

  • ¥ 1,870
  • 【出版社内容紹介】 気をつけて見てみると、野山や道ばたには四季を通じていろんな花が咲いている。見慣れたユウナ(オオハマボウ)の花や絶滅危惧種のエビネの花、小さな小さな花のルリハコベ、そして葉っぱは知っているけどこんな花だったんだというンジャナ(ホソバワダン)の花や山の中に咲くサザンカの原種など88科293種を掲載。 それぞれに植物名と科名、沖縄での花の時期を記載。著者なじみの植物には子どもの頃のエピソードも。 著者 安里肇栄 発行所 ボーダーインク 発行日 2017年11月20日(第3刷) A5判 128ページ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社内容紹介】 島には、二十四節気の名を持つ風が吹く──。 神々が住む島、ゆったりと時が流れ、神秘の力を抱く沖縄は、意外にも旧暦の暮らしが強く根づいている土地柄。 『日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―』などで知られ、沖縄にルーツをもつ著者が、 風や雨、海や緑が教えてくれる島の季節や風物、行事、旬の幸や南国の生き物たちなど、 沖縄のさまざまな表情を、旧暦の十二ヵ月にそって細やかに綴ります。 写真は、妻であり写真家の當麻 妙。二人で足を運び、見つめ、感じ、温めてきた現地での暮らし。 言いならわしにこめられた島の知恵、自然のうつろいを慈しみながら、 日々を気持ちよく生きるヒントがつまった、美しいフォトブックになりました。 ガイドブックには載らない、祈りや祝い、命が満ちる沖縄を、 その物語が息づく写真とともにゆっくりと味わえる一冊です。 文 白井明大 写真 當麻妙 発行所 講談社 発行日 2016年9月28日 A5判 96ページ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社内容紹介】 一緒に歩きたくなる那覇のまちの魅力がいっぱい 「那覇まちま~い」は、地元ガイドと一緒に那覇のまちを歩いて巡るまち歩きツアーです。 沖縄・那覇の 誰もが知っている定番の観光スポットや、地元の人も驚く裏路地を巡るコースまで60以上あるコースを、那覇のまちをこよなく愛するガイドが個性豊かに、味のある案内をします。 今回はガイドが自らが執筆したエッセイで、おすすめのコース、思い入れのあるコースを紹介しています。 カラー写真、地図、コラムと内容は盛りだくさん。読めばガイドと一緒に回りたくなる那覇の魅力がわかる一冊です。 編著 那覇まちま~いガイド文芸部 発行所 ボーダーインク 発行日 2017年2月10日(第2刷) A5判 144ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。世界に大量に存在する戦争博物館と平和博物館。僕たちは本当に戦争のことを知らないのか? それとも戦争のことが好きなのか? 若き社会学者が「戦争」と「記憶」の関係を徹底的に歩いて歩いて考える! ももいろクローバーZとの1万2000字対談も収録した決定版! 著者 古市憲寿 発行所 講談社 発行日 2013年8月27日(第2刷) 四六判 346ページ

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 九州・沖縄で生まれた歌には 風と水と土、そして空の匂いがする。 本書は、九州・沖縄の各地で詠まれた現代歌人の短歌を、美しい風景とともにめぐっていただく文学紀行です。九州各地に旅した歌人が、自然や人、歴史その土地の魂に触れて詠んだ歌のかずかずを紹介します。ページをめくっていただいた読者に、九州の風と歌の中の風景をすてきな短歌とともに楽しんでいただければ幸いです。 ●九州・沖縄各地で詠まれた短歌を全108首掲載 ●九州・沖縄各地の歌が生まれた風土を綴るエッセイも収録 著者 桜川冴子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2017年10月20日 四六判 160ページ

  • ¥ 2,035
  • 【出版社内容紹介】 祝!3冠達成★第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞!&第5回沖縄書店大賞受賞!◆希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり、同じ夢に向かった。 著者 真藤順丈 発行所 講談社 発行日 2019年1月29日(第7刷) 四六判変形 546ページ

  • ¥ 2,035
  • 【出版社内容紹介】 世界を放浪していた有馬は、旧友の誘いにより、沖縄の精神病院で働くことになる。そして再び、運命の歯車は動き出す。《終わらぬ悲劇の連鎖》と《生命の輝き》を描く、至極の超大作! 著者 宮内勝典 発行所 河出書房新社 発行日 2017年5月30日 四六判 424ページ

  • ¥ 2,750 SOLD OUT
  • 【出版社内容紹介】 武器商人の父の遺産で日本初の学術財団「啓明会」を設立し学者を支援。釣りやゴルフの世界でも名を馳せ、樺山愛輔や吉田茂ら華麗なる人脈を持ちながら、何も残さず消えた謎の実業家の一生。 著者 与那原恵 発行所 中央公論新社 発行日 2019年11月10日 四六判 416ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 旅のなかでよみがえる愛しい人たちの記憶。 ノンフィクション作家として、自分自身のルーツでもある沖縄の近・現代史を描き、また国内外の様々な旅を続けるなかで出会ったひと、歴史、友人たちの思い出と忘れてはいけない歴史の記憶を拾い集めてきた著者が、個人史として、ルポルタージュとして、そしてなにより楽しい旅の日々としてまとめた珠玉のエッセイ集です。 著者 与那原恵 発行所 ボーダーインク 発行日 2018年3月30日 四六判 336ページ

  • ¥ 3,190
  • 【出版社内容紹介】 大正末期から昭和初期、大々的な琉球芸術調査をし、琉球文化についての貴重かつ膨大な資料を残した鎌倉芳太郎。彼をめぐる人々と、沖縄文化復興のドラマを描く。 著者 与那原恵 発行所 筑摩書房 発行日 2013年7月10日 四六判 416ページ

  • ¥ 1,760
  • 【出版社内容紹介】 「別れは切ないけれど、あのとき出会ったからこそ、いま私はあのひとたちを想うことができる」。すでにこの世にいないひと、遠い土地に暮らし、もう会うこともないだろうひとたち。彼らが生きた時間、場所、語った言葉、表情、しぐさ。そのひとつひとつがあざやかによみがえる。かけがえのない旅とひとの記憶を綴る、珠玉のエッセイ集。 著者 与那原恵 発行所 晶文社 発行日 2004年12月10日 四六判 280ページ