CD・DVD

  • ¥ 2,530
  • 吉上恭太2nd・アルバム 【帯文より】 東京・谷根千が生んだ遅咲きのSSW、還暦にして全国デビュー! 卓越したソングライティングと朴訥とした歌声が話題を呼び、古書店での月例ライブは知る人ぞ知る人気イベント。その才能に惚れ込んだ谷口雄(ex.森は生きている)プロデュースのもと、北山ゆう子(キセル、堀込泰行)、増村和彦(ex.森は生きている)、渡瀬賢吾(roppen)、松村拓海(1983)ら腕利きの演奏を従えた豊潤なサウンドは、まさに新時代の「ワン・マン・ドッグ」と言えよう。 人生を優しく見つめる下町のジェームス・テイラー、60歳の新人が送る「ある日の続き」。きっとあなたに、幸福な季節を運んでくれる。 【収録曲】 01.ぼくが生きるに必要なもの 02.かもつせん 03.犬の瞳が月より冴えたら 04.ホーボーだって深海魚の夢をみる 05.ieji 06.one day~或ル日ノ続キ 07.ほしどろぼう 08.十一月の寓話 09.ごはんの湯気で泣くかもしれない 10.涙 発売日 2017年09月20日

  • ¥ 1,650
  • 吉上恭太ファースト・アルバム 【収録曲】 01.しのぶしのばず 02.いつもまんぷく 03.ぽるかどっつ 04.ほしどろぼう 05.ぼくらのあやまち 06.おはなしこまちゃん 07.かもつせん 08.もうすぐあめ 09.ほんとうたと 10.なんだ 11.ほたる 12.ぼやーじゅ 13.しのぶしのばず Bonus Tracks 01.しのぶしのばず 02.ボッサ・デ・シノバズ 03.不忍の子守唄

  • ¥ 1,800
  • hideyuki hashimotoさんのピアノアルバムです。 尾道にある本とCDのお店、「紙片」さんが制作されました。 「草稿music video」 https://shihenonomichi.wixsite.com/home/soukoumv 【発行元紹介文より】 草稿 =花や木になる前の原稿、スケッチ 『読書』というアルバムの制作中に ピアノと足踏みオルガンで響きとひらめきを スケッチするように録音した日常の記録。 音楽のある瞬間の完成を花や木に例えるなら その周りに育った本作を『草稿』とする。 風にゆれる草、光る水面のような小曲集。 【収録曲】 1. 180902-02 2. 180902-03 3. 190301-01 4. 190301-07 5. 190301-09 6. 190301-12 7. 190301-13 8. 190304-02 9. 190304-03 10. 190304-05 11. 190304-08 12. 190306-01 13. 190306-02 14. 190306-07 15. 190306-10 16. 190306-11 17. 190307-04 18. 190307-06 19. 190311-01 20. 190311-02 21. 190311-04 22. 190311-06 23. 190311-09 24. 190311-11 25. 190313-01 26. 190316-02 【作曲者紹介(作曲者公式サイトより引用)】 1986年生まれ、香川県在住の音楽家。空間を活かした即興演奏と作曲作品を軸に、これまで5枚のオリジナル・アルバムを発表。自然体から生まれる繊細な空間美と映像的な質感、優れた作品性などが高く評価され、国内外で数多くのアルバムレビューを獲得。ハンガリーで制作された映像作品への起用を筆頭に、国内のオーディオ誌でも特集が組まれたほか、JAL機内放送などにも楽曲が取り上げられている。瀬戸内国際芸術祭2013では、高見島「海のテラス」の空間音楽を手がけ、島の小学校に眠っていた一台のアップライトピアノを通じ、その土地の空気を鮮やかに表現。TVCMや様々な映像音楽、コラボレーションなど、幅広い活動を行っている。 演奏 hideyuki hashimoto 装画 花松あゆみ 意匠 ⻆谷 慶(Su-) 整音 甲田 徹 感謝 幡野広志、門坂やすよ、yatchi、いろんなためいき、えほんやるすばんばんするかいしゃ 発行 紙片 発売日 2019年10月16日

  • ¥ 1,980
  • 近藤晃美さんの展覧会「円い草」にあわせて製作されたクラリネットのインストゥルメンタル・アルバムです。音楽はいろんなためいきさん。 【収録曲】 1.今日はとある日 2.花々のはじめまして 3.にてとニテ 4.いつもいつかのこわれたじかん 5.行ったり来たりの踊り 6.もしくはたぶんおそらく 7.海のような距離 8.上下左右の円舞画 9.1人の風と景の色 10.夢の軌跡 11.どこにも見当たらない国 12.遊んだ記憶 13.光のゆらめく壁 音楽 いろんなためいき(various sigh horns) 画 近藤晃美 発売元 えほんやるすばんばんするかいしゃ 新装版発売日:2019年1月26日

  • ¥ 2,000
  • ENSEMBLE IMMAGINEのファースト・アルバムです。 【紹介文より】 ポストクラシカルというクラシックの形態・要素をベースに 電子音楽やシンセサイザーなどの多要素の音素材を取り入れて 独自の世界観を持つ音楽作りを目指して活動を開始。 映像と共に寄り添う音楽を目指して活動をしているアンサンブルバンド。 初アルバムは自然の森をテーマにした音風景を描いた作品。 【収録曲】 1.Nella Foresta 2.Aqua Collente 3.Leggiero 4.Valzer di fiori 5.Mozione 6.Lontano 7.Il tramonto 8.Arabesque 9.Luce 発売日 2018年7月24日

  • ¥ 2,852
  • ざ・なつやすみバンドの4thアルバムです。 【収録曲】 1. 風を呼ぶ 2. 蜃気楼 [TNB×mitsume] 3. echo (Renew) 4. 喪のビート 5. Future Heads [TNB×EMC] 6. S.S.W (Renew) 7. なつやすみ(終) (Renew) [feat.山崎ゆかり] 8. ミュージカル 9. 絵になる最初 10. バンドやろうぜ!

  • ¥ 3,000 SOLD OUT
  • 尾道にある本屋さん、「紙片」さん制作の2枚組CDです。 店主の寺岡さんが、直接会われたことのある方もない方も含めて、さまざまな音楽家の方に「紙片」というテーマで作曲をお願いして、この音楽集が生まれました。 参加されている音楽家は19組。 音楽は21曲。 箱入りです。 池田彩乃さんの詩は、書き下ろされた100篇のうちからどれか10篇が入っています。 《音楽》 AOKI,hayato いろんなためいき 岩本象一 木太聡 小瀬村晶 佐立努 
白黒ミドリ 
瀬戸信行 田辺玄 寺尾紗穂
 天体 トウヤマタケオ 西森千明 Hideyuki Hashimoto hofli -津田貴司- Mujika Easel 森ゆに yatchi Repair 《詩》池田彩乃 デザイン muna 箱の絵 杉本さなえ 箱の製作 竹内紙器製作所 マスタリング 甲田徹

  • ¥ 1,620
  • 音の台所さんと春畑セロリさんによる絵と詩と音楽で絶滅危惧種たちに思いをよせる作品。CDのほかに絵本と楽譜があり、読んで聴いて弾いて楽しめる作品です。 「ゼツメツキグシュノオト」は絶滅の心配がある生き物たちをテーマとした18の小さなピアノ曲です。生き物たちはなぜ絶滅してしまうのか、絶滅してしまうとどうなるのか、それを食い止めるためにわたしたちに何ができるのか…。みなさんもこの作品を通して、いっしょに生き物のこと、地球のことを考えてみませんか。 (帯文より) 曲 春畑セロリ ピアノ 内藤晃 文・朗読 音の台所 全18曲(朗読入りのトラックと音楽のみのトラックがあります) レーベル 日本アコースティックレコーズ 発売日 2018年3月9日