リトルプレス

  • ¥ 500
  • 2018年7月10日に創刊された、歌人の大橋弘さんが編集代表の短歌同人誌emotionalです。 短歌作品のほか、大橋弘さんによるエッセイも掲載されています。 【参加同人(敬称略)】 儀光明男 梛野かおる 野口世津子 尾形平八郎 白瀧まゆみ 漠夢道 冨樫由美子 まえだたみこ(5号より) 大橋弘 編集代表者 大橋弘 発行日 2018年11月20日 A5判 20ページ

  • ¥ 550
  • 山羊アキミチさんの私家版詩集です。 命の終わりは えてして 綺麗ではない けれどもこの世で 何よりも美しい (「銀の夜」より抜粋) 著者 山羊アキミチ 発行日 2020年6月23日 文庫判 86ページ

  • ¥ 500
  • 詩人の和田まさ子さんが発行する個人詩誌。和田さんの作品と毎号のゲスト詩人の作品で構成されています。表紙にはフィリップ・ジョルダーノの絵が使われています。 【各号のゲスト詩人(敬称略)】 第26号:マーサ・ナカムラ 第25号:水下暢也 第24号:江代充 第23号:四方田犬彦 第22号:井戸川射子 第21号:三島英己 第20号:井坂洋子 第19号:鈴木一平 第18号:久谷雉 第17号:貞久秀紀 第16号:永方佑樹 第15号:野崎有以 第7号:杉本真維子 第6号:白鳥央堂 第5号:望月遊馬 発行人 和田まさ子 表紙 フィリップ・ジョルダーノ A5判 本文13~15ページ

  • ¥ 500
  • 詩人の高階杞一さんが編集・発行している同人誌です。詩とエッセイなど。 【参加同人(敬称略)】 池田順子 江夏名枝 大橋政人 神尾和寿 嵯峨恵子 高木敏次 高階杞一 廿楽順治 萩野なつみ やまもとあつこ 編集・発行 高階杞一 発行所 空とぶキリン社 創刊 1990年8月1日 B5判 60~100ページ前後

  • ¥ 600
  • 高階杞一さんが編集・発行している同人誌です。詩とエッセイなど。 特集:追悼 寺西幹仁 【参加同人(敬称略)】 阿瀧 康 大橋政人 神尾和寿 嵯峨恵子 高階杞一 廿楽順治 編集・発行 高階杞一 発行所 空とぶキリン社 発行日 2008年3月1日 B5判 68ページ

  • ¥ 600
  • 高階杞一さんが編集・発行している同人誌です。詩とエッセイなど。 特集:現代詩 この20年 【参加同人(敬称略)】 阿瀧 康 池田順子 大橋政人 神尾和寿 嵯峨恵子 高階杞一 廿楽順治 やまもとあつこ 編集・発行 高階杞一 発行所 空とぶキリン社 発行日 2010年3月10日 B5判 112ページ

  • ¥ 300
  • 大橋弘さんが編集発行人の詩と短歌と俳句とエッセイの同人誌です 【参加同人(敬称略)】 大橋弘 小島浩二 綾部宏子 【ゲスト】 笹川諒(vol.4) 多賀盛剛(vol.5) 三田三郎(vol.7) 編集発行人 大橋弘 表紙 綾部宏子

  • ¥ 1,000
  • 関西在住の詩人、髙塚謙太郎さんの主催している「Aa計画」より発行されている詩誌。 現代詩をじっくり味わえる雑誌です。 荒木時彦 加藤思何理 鈴木一平 瀬戸夏子 髙塚謙太郎 タケイ・リエ 萩野なつみ 疋田龍乃介 望月遊馬 八潮れん (敬称略) 2017年9月 発行 発行所 Aa計画 本文 134ページ A5版

  • ¥ 500
  • 関西在住の詩人、髙塚謙太郎さんの主催している「Aa計画」より発行されている、注目をあつめる現代詩人9名による詩誌。 vol.9では、ひとり500行というノルマがあったそうです。 著者紹介や目次や個々のタイトルはなく、ただ、ひたすらに、ひとりにつき500行の詩や俳句が載っており、それは作品で読者に向き合う、潔い姿勢にも感じます。 長く、じっくり現代詩を楽しめる、読み応えある雑誌です。 加藤思何理 鈴木一平 髙塚謙太郎 タケイ・リエ なみたま 萩野なつみ 疋田龍乃介 望月遊馬(休止) 八潮れん 2016年9月 発行 発行所 Aa計画 本文 250ページ A5版 デッドストック特別価格

  • ¥ 600 SOLD OUT
  • 白井明大さんが編集する詩誌です。 【紹介文より】 「ぶーさーしっ」とは島言葉で、ブーサーという沖縄の拳遊び(親指・人差し指・小指のどれか一本を出すじゃんけんに似た遊び)で合図に言う「じゃんけんぽん」のようなかけ声のことです。どの指も、ほかでもないその指であるように、一人一人にその人の言葉があり、その一つ一つの言葉を、詩を見つめていきたいという意味を込めています。 言葉というのは不思議で、そんなつもりじゃなかったのに思いがけないことが書けてしまったり、自分でも知らず知らずのうちに心としっかり結びついた詩が生まれたりします。 不思議で広くて深い言葉の、詩の世界を、てくてくとことこ心のままにずっと歩いていけますように、自らの手許にある大切な言葉の宝物に気づけますように、とそんな願いをもって、この詩誌を上梓します。 (巻頭言より抜粋) 【執筆者】 渡嘉敷愛 山下桜子 竹嶋良騎 轟洋平 市川恵子 タマナハ マキ 大山佳南恵 海津研 當間千夏 古金谷あゆみ 金城國夫 縄トモコ 金城さくら 水田美世 白井明大 編集・装丁 白井明大 発行 言葉を探す旅 印刷 七月堂 発行日 2020年10月5日 A5判 87ページ

  • ¥ 900
  • 様々な大学の学生が参加している学生詩集の第3号です。 【編集】 朝吹亮二 新井高子 伊藤比呂美 笠井裕之 川口晴美 北川朱実 城戸朱理 小池昌代 小沼純一 管啓次郎 瀬尾育生 永方佑樹 中村純 野村喜和夫 蜂飼耳 樋口良澄 発行 インカレポエトリ 印刷 七月堂 発行日 2020年10月1日 A5判 372ページ 【送料ご選択時にご注意ください】 *1冊→「クリックポスト」 *2冊→「レターパックライト」 *3~4冊→「レターパックプラス520」 *5〜8冊→「クロネコヤマト80サイズ」 *9〜10冊→「クロネコヤマト100サイズ」 【関連本】 インカレポエトリ / インカレポエトリ叢書:https://shichigatsud.buyshop.jp/categories/2851576

  • ¥ 990 SOLD OUT
  • 文筆家・大竹昭子さん刊行の「対談シリーズ」の2号です。 大竹昭子さん主催のイベント「ことばのポトラック」で美術家の鴻池朋子さんをゲストとして迎えた回のトーク内容を加筆、再構成した1冊です。 朗読とトークのイベント「カタリココ」がはじまったのは二〇〇七年。ゲストにさまざまなジャンルの表現者をお迎えしながらつづけ、二〇一一年、東日本大震災が起きた直後に「ことばのポトラック」をはじめました。津波被害の苦しみと、放射能汚染の恐怖で外にもでられず、心身が委縮していくような危機を感じ、これまでカタリココでお会いした作家の方々に「ことばをもって集まりましょう」と呼び掛けたのです。 〔中略〕 コロナ禍と津波は同じではありませんが、人間の想像力を超えた事態に心身が呪縛される点に共通したものを感じます。 (「はじめに」より抜粋) 著者 鴻池朋子、大竹昭子、堀江敏幸 発行所 カタリココ文庫 発行日 2020年9月12日 文庫判 53ページ

  • ¥ 700
  • 歌人の笹川諒さんと三田三郎さんによる短歌を中心とした同人誌第二号です。 【ゲスト(敬称略)】 小池正博 平岡直子 望月遊馬 山下翔 山階基 著者 笹川諒、三田三郎 発行日 年月日 A5判 94ページ

  • ¥ 770 SOLD OUT
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 有働薫 葉山美玖 瓜生ゆき 広田修 渡辺めぐみ 細田傳造 谷合吉重 鈴木ユリイカ 月読亭羽音 小谷松かや 田中庸介 川瀬慈 尾関忍 阿賀猥 篠原資明 生野毅 望月遊馬 編集・発行人 田中庸介 発行所 妃の会 装幀 室井良輔 装画 アーサー・ファン 発行日 2020年9月10日 B5判 107ページ

  • ¥ 825
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 細田傳造 後藤理絵 阿賀猥 広田修 鈴木ユリイカ 尾関忍 中村たまら(中村和恵) 小谷松かや 月読亭羽音 葉山美玖 谷合吉重 【ゲスト(敬称略)】 法橋太郎 廿楽順治 東直子 河野聡子 編集発行人 田中庸介 発行所 妃の会 装幀 室井良輔 装画 山口牧子 発行日 2019年10月10日 B5判 127ページ

  • ¥ 825
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 長谷部裕嗣 山崎佳代子 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 細田傳造 後藤理絵 宮田浩介 阿賀猥 広田修 管啓次郎 鈴木ユリイカ 尾関忍 中村和恵 小谷松かや 月読亭羽音 梁川梨里 葉山美玖 【ゲスト(敬称略)】 建畠晢 中本道代 編集発行人 田中庸介 発行所 妃の会 装幀 室井良輔 装画 長谷川友紀 発行日 2018年9月29日 B5判 171ページ

  • ¥ 825
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 長谷部裕嗣 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 細田傳造 後藤理絵 宮田浩介 広田修 管啓次郎 鈴木ユリイカ 尾関忍 中村和恵 小谷松かや 月読亭羽音 梁川梨里 【ゲスト(敬称略)】 大松達知 中沢けい 季村敏夫 髙塚謙太郎 中沢けい 広瀬大志 横山裕一 編集発行人 田中庸介 発行所 妃の会 装幀 室井良輔 カバーアート 長友由紀 発行日 2017年9月25日 B5判 143ページ

  • ¥ 770
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 長谷部裕嗣 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 細田傳造 後藤理絵 宮田浩介 広田修 管啓次郎 鈴木ユリイカ 尾関忍 中村和恵 小谷松かや 編集発行人 田中庸介 装幀 室井良輔 カバーアート 小塩久美 発行日 2016年9月22日 B5判 131ページ

  • ¥ 660
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 長谷部裕嗣 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 月読亭羽音 後藤理絵 梁川梨里 広田修 管啓次郎 鈴木ユリイカ 編集発行人 田中庸介 発行所 妃の会 装幀 室井良輔 装画 マチュー・マンシュ「ゴースト・タウン」 発行日 2015年10月11日 B5判 99ページ

  • ¥ 660
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 長谷部裕嗣 田中庸介 仲田有里 瓜生ゆき 大崎清夏 倉石信乃 山田航 後藤理絵 宮田浩介 広田修 管啓次郎 鈴木ユリイカ 編集発行人 田中庸介 装幀 室井良輔 装画 半田晴子「大湊」 発行日 2014年10月5日 B5判 123ページ

  • ¥ 550
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 中田有里 高岡淳四 田中庸介 ジェフリー・アングルス 鳥居万由実 発行人 田中庸介 装幀 ナムーラ ミチヨ 発行日 2011年7月30日 B5判 50ページ

  • ¥ 500
  • 田中庸介さんが編集・発行人となって1989年に創刊された同人詩誌です。 【参加メンバー(敬称略)】 中田有里 高岡淳四 田中庸介 早坂類 澤尚幸 発行人 田中庸介 装幀 原田史子 発行日 2008年4月23日 B5判 59ページ

  • ¥ 500
  • 様々な大学の学生が参加している学生詩集です。 編集 朝吹亮二 新井高子 伊藤比呂美 笠井裕之 川口晴美 小池昌代 管啓次郎 瀬尾育生 樋口良澄(2号より) 発行 インカレポエトリ 印刷 七月堂 A5判 並製 210ページ 【送料ご選択時にご注意ください】 *1~3冊 →「クリックポスト」 *4冊 →「レターパックライト370」 *5、6冊 →「レターパック520」 *7冊以上 →「クロネコヤマト宅急便」 【関連本】 インカレポエトリ / インカレポエトリ叢書:https://shichigatsud.buyshop.jp/categories/2851576

  • ¥ 300
  • 逸可実和子さんの個人詩誌です。 髪を切って かくしていた耳をさらす 朝の空気にふれさせてみた 今日が暑いのか寒いのか 身体で温度がつかめなくなった だから 使っていない 耳たぶを出してみた 私は昨日の夜に髪を切った 軽くなりたかった ただそれだけだ 目盛りにはさほど影響しない でも 整理できなくなった出来事から 僅かでも浮き上がれる 軽さが欲しかった そして外の気温を感じたかった 季節外れの突風が 耳に痛みをかぶせてくる いいだろう せいぜい だいぶ前に開けたピアスの穴が すこし広がるだけだ 新しい触角となって 動きはじめる (vol.1より「髪を切った」) 【ゲスト】(敬称略) 岡嶋夏子(vol.2) 一由悠太(vol.3) 菊池依々子(vol.4) 著者 逸可実和子 B6判 ページ