リトルプレス

  • ¥ 2,200
  • 浅生鴨さんが発行人のリトルプレス。 第二十九回・文学フリーマーケット東京に出店される際に制作されました。 小説、エッセイ、漫画、詩、などなど。 豪華同人がさまざまにご執筆されています。 喜怒哀楽とユーモアに満ちた、読む楽しさを存分に味わえる一冊。 【参加同人】 浅生鴨 小野美由紀 川越宗一 古賀史健 ゴトウマサフミ スイスイ 高橋久美子 田中泰延 永田泰大 幡野宏志 燃え殻 山本隆博 (敬称略) 127×182×11 本文156頁 発行 ネコノス合同会社 発行人 浅生鴨

  • ¥ 990
  • 浅生鴨さんが、色々なところで書いた小説やエッセイやミニコラムなど。 単行本に収録しきれなかったものや、フリーペーパー、雑誌、webなどに掲載された作品を、可能なかぎり集めて作られた私家版本です。 こんな贅沢で〝ヤバイ〟本もなかなかありません。 浅生鴨 B6 判 解説:田中泰延

  • ¥ 400
  • ゆずりはすみれさんの個人詩誌です。 表紙には古い和紙を使用しています。 重ねていたので分からなかっただけです。ばらばらにしてしまえば、散り散りになってそのまま、失われてしまうだけだと思ったので。私は人差し指と親指とで輪っかを作りました。そこにこつんと、地球を落してみました。飴玉みたいな、きれいな球状を。 「摘心。」より抜粋 ゆずりはすみれ 詩人。1987年生まれ。 兵庫県神戸市出身。静岡県在住。 2020年ユリイカの新人。 詩集『かんむりをのせる』(2019) 詩と随筆のフリーペーパー年四回発行 発行日 2020年5月31日 発行サークル ゆずるは舎 A5判 20頁 イラスト おおいしももこ

  • ¥ 800
  • ことばを つなぐように ことばを絶やさないように 何度でも 触れる 手 がある けれども その手 を 絶やさないために ことばも あるのかもしれない 途切れない ページのように 誰かの手と 手をつなぐ 開いた 本の間に 挟まれていた 一枚の しおりのような わたしたち 「手」より一部抜粋 ゆずりはすみれ 詩人。1987年生まれ。 兵庫県神戸市出身。静岡県在住。 2020年ユリイカの新人。 詩と随筆のフリーペーパー年四回発行 著者 ゆずりはすみれ 発行日 2019年6月8日 発行サークル ゆずるは舎 B6判 64頁

  • ¥ 660
  • 古井フラさんの素描画集。 クロッキー画のほかに、素描に関するエッセイやことば、文章が綴られています。 著者・絵 古井フラ 発行 フルフラ堂 B5判 28頁

  • ¥ 880
  • 古井フラ詩画集 わたしの 指先 あなたの 指先 わたしの 爪先 あなたの指腹 第一関節まで もう少し ぬくもりは 時間がかかる (「指先」) 著者 古井フラ 発行日 2017年7月 A5判 71ページ

  • ¥ 880
  • 古井フラ散文詩集  わたしの中ですべてを投げだしたように思えた時、のどの渇きがたえがたくなりました。何度も。激しく。つかの間の安逸が、強い苦しみにかわります。からだが重力を引き受けます。窓のカーテンがぼうと明るくなりました。月明かりでしょうか。夜明けでしょうか。わたしは静かな光を感じます。赤子のようにおそるおそる立ちあがり、冷たい床を裸足で洗面所まで、壁をつたって歩きます。蛇口の栓が思いのほか固く驚きました。ようやく勢いよくでた水を、むさぼるように飲みます。わたしは水を飲めます。鏡でみずからを見ることができます。薄明かりに浮かんだ顔には水平にのびた涙のあとがありました。 (「水」より抜粋) 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2019年9月1日 120×182mm 71ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2018年9月(2刷) A5判 12ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2018年9月(2刷) A5判 14ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2019年4月(2刷) A5判 12ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2019年4月(2刷) A5判 12ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2019年1月 A5判 12ページ

  • ¥ 330
  • 古井フラさんの詩とクロッキーとマンガの冊子です。 著者 古井フラ 発行所 フルフラ堂 発行日 2019年1月 A5判 14ページ

  • ¥ 500
  • 湯治(温泉)を主題に作品を制作する、温泉愛好美術グループによる美術同人誌です。版画と文章で構成されています。 わたしたちは温泉を好む。〔中略〕またわたしたちは湯治によって見いだした美から目をそらすことはしない。湯治の持つ神秘性を信じる。湯の花をこの胸に咲かせるために、そう、湯治がしたい。 (われらトージ派宣言文より抜粋) 【参加同人(順不同・敬称略)】 正一 平岡瞳 樋口達也 創刊号のゲスト:奥山繁幸 発行人 トージ同人一同 B6判 38ページ

  • ¥ 1,500
  • 池田彩乃さんの、はじめての詩集ではないことばによる本です。 2013年から2020年1月までに書かれた55篇が収録されています。 池田さんの詩集を読んだことがある人にも、読んだことがない人にも、ぜひお手にとってご覧いただきたい一冊です。 「私なんて、吹けば飛ぶものよ。 この軽やかさを愛さなくてどうする。 詩人なんて、 言葉なんて、 一生なんて、 吹けば飛ぶものよ。 風の全てを愛さなくてどうする。」 池田彩乃さんホームページより 【もくじ】 1. 詩の所在 生者の特権 思い出すのにもってこいの日 6時00分発京都線河原町行き 測れないかなしみ、肩代わりできない痛み わからなくて泣く おおきなものに降られながら一滴ずつ濾過する 野の歌 みんなで分担する 先生のはなし(緊張をほぐすレッスン) 私の荒野 来たる言葉を待ってくれ 成る 銀河を作る ぜんぶ未来にまかせたい ずっとこのひとに愛されたかった 全ての離別へ私が語ること ツルツルの奥歯 ここにないもの、ここに在るもの、ここに在ったもの 先生のはなし(言葉でなにかを殺すこと) 想像すること 私たちの交歓、私たちの呼吸、私たちの散歩 いてほしいひとになる 平和の作り方 持ち場から持ち場へ 401号室の住人の帰宅 愛情 なにをしているの(どうやって生きているの)その問への返答について 頑張らない方法をおしえてください 告白する勇気をください おとなの風邪 こころ ベランダからの便り 抱擁の言語 4月1日にしか話せないこと 息の守り方 あなたの季節 2. 言葉がなかったら生きられなかった星 私はなりたい 光を観ている 旅する惑星 ここはひとりでは立ち行かない世界 いい 庭に立つ、庭に転がる うつくしい暗やみを眼差す屋根 歩行 汎用的私信 言葉に渡す 消える ハルに会う 台風19号 その夜あなたと話したこと 2019.4.17 輪郭を思い出す/おまえに見えていないうつくしさ 歓びについて 初版150部限定「旅のおとも栞」付 著者・発行 池田彩乃 発行日 2020年4月17日 親書判 104ページ

  • ¥ 1,500
  • 池田彩乃さんの詩集です。 ぼくらは友だちになれるだろうか この散歩が百年続いたら 歩き来た道は ぼくらを何と呼ぶだろう (「百年の散歩」より抜粋) 著者 池田彩乃 挿画 根本万智 発行日 2019年11月10日 160×180mm 88ページ

  • ¥ 300
  • 池田彩乃さんが自身の詩集『舟』に収録されている全39篇の詩に寄せた言葉を集めた冊子です。 著者 池田彩乃 B6判 6ページ

  • ¥ 800
  • 池田彩乃詩集 あなたは 雨を知らない星から来た人 飲み干す度に注がれるグラスの水が ふしぎでたまらない あたらしい水の上 朝な夕なに光を遊ばせ もうずっと うれしがりやとして生きる (本文より抜粋) 著者 池田彩乃 発行日 2017年10月6日 138×85mm 16ページ

  • ¥ 1,000
  • 池田彩乃詩集 いつか 白い白い光のなかで そのひとの問いに わたしは 全部です と答えたことがあった (本文より抜粋) 著者 池田彩乃 発行日 2019年3月12日 文庫判 34ページ 再々発光版

  • ¥ 1,650
  • 絵本作家まつむらまいこさんの私家版絵本です。 個展「わたしのたからばこ」に合わせて製作されました。 著者 まつむらまいこ 発行日 2020年2月22日 105×114mm 88ページ

  • ¥ 1,600
  • まつむらまいこさんの私家版絵本。2013年5月にウレシカさんで開催された個展で発表された作品です。 著者 まつむらまいこ(松村真依子) 発行日 2013年6月 149×189mm 32ページ

  • ¥ 1,100
  • まつむらまいこさんの私家版絵本です。2019年9月、高松市のショップ&ギャラリーwatagumo舎さんで行われた企画展 宮沢賢治「銀河鉄道の夜展」に出展された際の作品を中心に、1冊の本として再構成した作品です。 著者 まつむらまいこ(松村真依子) 発行日 2019年9月 200×125mm 28ページ

  • ¥ 1,400
  • まつむらまいこさんの私家版絵本。ヨウケル舎で行われた個展の際に制作された作品です。 著者 まつむらまいこ(松村真依子) 発行日 2016年6月 29.5x20.5cm 20ページ

  • ¥ 1,650
  • 絵本作家まつむらまいこさんの私家版絵本です。2020年1月に行われた個展「まどのむこうには」展に合わせて製作されました。同じくまつむらまいこさんの絵本である『わたしはしらない』の世界とも繋がる作品です。 著者 まつむらまいこ(松村真依子) 編集協力 よもぎBOOKS 発行日 2020年1月 150×150mm 31ページ