短歌

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 新シリーズ〈現代短歌クラシックス〉を始めます。 現代短歌の重要な歌集を復刊、新装版として刊行していきます。 第一弾は、フェミニズムの文脈でも再評価著しい歌集『林檎貫通式』。 第一歌集以後の新作「宇宙服とポシェット」(135首)も収録。 婦人用トイレ表示がきらいきらいあたしはケンカ強い強い たすけて枝毛姉さんたすけて西川毛布のタグたすけて夜中になで回す顔 女子だけが集められた日パラシュート部隊のように膝を抱えて (歌集より3首抜粋) 著者 飯田有子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2020年7月21日 四六判変形 160ページ 【関連本】 短歌:https://shichigatsud.buyshop.jp/categories/475084 書肆侃侃房の本:https://shichigatsud.buyshop.jp/categories/2341764

  • ¥ 1,430
  • 短歌ムック『ねむらない樹』のvol.5です。新体制のでリニューアル号だそうです。 【目次】(出版社サイト) ■巻頭エッセイ 大前粟生「日々の時間のこと」 ■特集1 短歌における「わたし」とは何か? 宇都宮敦×斉藤斎藤×花山周子 座談会「コロナ禍のいま短歌の私性を考える」 大辻隆弘「「私性」という黙契」 荻原裕幸「作中主体って何?」 柴田葵「正直になりたい」 井上法子「かぎりない「わたし」たち――「幻想」のむこうがわから」 山内志朗「内臓と鬼火と星空と――短歌における〈私〉ということ」 吉田恭大「メラーニアから 斉藤斎藤についての私論」 ◎アンケート 米川千嘉子/我妻俊樹/大塚寅彦/嶋田さくらこ/東郷雄二/堂園昌彦/土井礼一郎 ■特集2 学生短歌会からはじまった 土岐友浩「二〇〇九年の春」 学生短歌会アンソロジー(廣野翔一選) 三上春海「〈さびしさ〉について」(北海道大学短歌会) 浅野大輝「ぼんてん」(東北大学短歌会) 青松輝「doubleheader」(東京大学Q短歌会)    髙良真実「歴史と伝統、韻律について」(早稲田短歌会) 鈴木加成太「僕らが幽霊だったころ」(大阪大学短歌会)  井村拓哉「上終の歌」(上終歌会) 川上まなみ「たった一つの」(岡山大学短歌会) 石井大成「二年半と放り投げられた石」(九大短歌会) ■特集3 くどうれいん/工藤玲音 エッセイ「夏のUターン」(くどうれいん) 短歌「花束に氵」(工藤玲音) 俳句「洗顔」(工藤玲音) ◎私の知っているくどうれいん 神野紗希「雨のち晴れ」 千種創一「ゆきとゆき」 郡司和斗「花束」 山下翔「地震のあとで」 溺愛「狼牙風風拳」 松本てふこ「雨と蝶、五月の邂逅」 仲間桃子「雨上がりの新宿」 くどうれいん×スケラッコ 対談「ミステリアスになりたい!」 くどうれいんのざっくりもりおかMAP ■作品20首 岩倉文也「紙飛行機」 牛尾今日子「心やさしく」 江戸雪「ユートピア」 九螺ささら「ジンルイ」 田村元「旗を立てれば」 千葉聡「トモロウ」 松野志保「五月の欠片をひろい集めて」 光森裕樹「だましぶね」 ■第2回笹井宏之賞受賞者最新作 鈴木ちはね「tokyo2020」 榊原紘「幽霊とスノードーム」 曾根毅「白い灯」 乾遥香「ありとあらゆる2」 橋爪志保「冬薔薇」 渡邊新月「指を置く」 小俵鱚太「ずっとねむたい」 ■特別寄稿 大森静佳「カミーユをめぐる旅」 ハイパーミサヲ「「冬野きりん」だった私はプロレスラーになった」 大岩雄典「助動詞のインスタレーション」 笠井瑠美子「短歌と製本」 ■コラム 谷じゃこ「石原ユキオになりたい」 伊藤紺「呪いの歌」 戸田響子「幻のやりたいこと」 日置俊次「ダルメシアンのスキップ」 法橋ひらく「ヒヤシンス」 宮川聖子「飛行機嫌い」 堀静香「おうごんの鳥」 浪江まき子「祝福の方法」 ■歌人への手紙 佐藤弓生×尾崎まゆみ ■歌人の一週間 カン・ハンナ/八重樫拓也/鯨井可菜子/ナイス害 ■忘れがたい歌人・歌書 松平盟子「葡萄の重さはかりがたしも」 ■文鳥は一本脚で夢をみる 梅﨑実奈「日常が夢になるとき」 ■ねむらない短歌時評 寺井龍哉「杉原、歌集よめるってよ」 ■笹井宏之への旅 石川美南/筒井孝司「宏之の短歌が生まれた場所、人①」 ■書評 錦見映理子「共鳴の連鎖」……『レダの靴を履いて』(尾崎まゆみ) 遠藤由季「呼び覚ます言葉の力」……『はるかカーテンコールまで』(笠木拓) 國森晴野「ぱたり、とひらかれるとびら」……『起こさないでください』(仲西森奈) 小林久美子「重ね書きの美学」……『感傷ストーブ』(川島結佳子) 田丸まひる「選択の日々」 ……『まだまだです』 (カン・ハンナ) 加藤孝男「異世界、ぞっとする風景」……『月を食う』 (佐佐木定綱) 後藤由紀恵「ポケットを覗く」……『梨の花』 (小池光) ユキノ進「食事と事務」……『微風域』(門脇篤史) 岡崎裕美子「「共感」への挑戦」……『たやすみなさい』(岡野大嗣) 嵯峨直樹「わたくしが存在している条理、不条理」…… 『禽眼圖』(楠誓英) 鶴田伊津「記憶を呼び覚ます」……『ラヴェンダーの翳り』(日置俊次) 魚村晋太郎「割れた鏡」……『鴉と戦争』 (朽木祐) 藪内亮輔「軽さ、と生きることと」……『母の愛、僕のラブ』(柴田葵) ■読者投稿(テーマ:「底」もしくは自由) 選者=永井祐 野口あや子 編集 田島安江、藤枝大(統括) 発行所 書肆侃侃房 発行日 2020年8月1日 A5判 176ページ 【関連本】 『ねむらない樹』vol.1:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/12851979 『ねむらない樹』vol.2:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32206252 『ねむらない樹』vol.3:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207219 『ねむらない樹』vol.4:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207546

  • ¥ 1,650
  • 短歌ムック『ねむらない樹』vol.4です。 【目次】(出版社サイトより) ■特集1 第2回笹井宏之賞発表! <大賞> 鈴木ちはね「スイミング・スクール」/榊原紘「悪友」 <個人賞> 大森静佳賞:曾根毅「何も言わない」 染野太朗賞:乾遥香「ありとあらゆる」 永井祐賞:橋爪志保「とおざかる星」 野口あや子賞:渡邊新月「秋を過ぎる」 長嶋有賞:小俵鱚太「ナビを無視して」 選考座談会 大森静佳×染野太朗×永井祐×野口あや子×長嶋有 ■特集2 短歌とジェンダー 座談会 川野芽生×黒瀬珂瀾×山階基×佐藤弓生 矢野利裕「この社会を生きざるをえない、と同時に、乗り越える言葉」 神野紗希「俳句と短歌 分身としてのジェンダー」 山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」 山田航「現在のことばのちから~飯田有子『林檎貫通式』」 黒木三千代「阿木津英歌集『紫木蓮まで・風舌』の意味」 佐々木朔「「父」、あるいは生殖という呪縛――小池光『バルサの翼』より」 染野太朗「相対化の覚悟と凄み」 ■巻頭エッセイ 奥村晃作「呼びようのない暮らし」 ■対談 岡野大嗣×国府達矢「言葉が「うた」になるとき~3分間の詩、31文字のメロディ~」 ■作品 伊舎堂仁「たすけて」 大平千賀「おかえりと思う」 小野田光「日和見日和」 加藤千恵「特別な季節に」 木下こう「あかるいところ」 黒﨑聡美「葡萄」 佐伯裕子「無臭の太陽」 坂井修一「ミラ」 笹原玉子「わすれられただいじな」 瀬戸夏子「星室庁」 仲田有里「策を練る」 中畑智江「駅とスニーカーと」 藤本玲未「植物園の六腑」 二三川練「笹舟」 山下翔「叔母さん」 吉田恭大「銃とチェーホフ」 ■コラム 牛隆佑「ただ一人の」 三原由起子「ベレー帽」 佐藤よしみ「ひと夏の経験」 五十子尚夏「「どういたしまして」の美質」 西田リーバウ望東子「二重Doppelleben 生活」 生田亜々子「オオカミ犬ジロー」 山本まとも「カレー」 天国ななお「決済申請書」 ■ことば派 森山恵「アリア、『源氏物語』の和歌」 宮田航平「《新美南吉》の彼方へ」 ■忘れがたい歌人・歌書 大松達知「その金をここに差し出し給へ」 ■越境短歌 松井茂「近隣から見えた反知性主義」 ■歌人への手紙 佐藤弓生「拝啓、濱松哲朗さま」 ■たましいを掛けておく釘をさがして――杉﨑恒夫論(終) ながや宏高「たしかにめぐり居りいま」 ■短歌の雫 椛沢知世「からまる」 佐原キオ「すべての火」 加瀬はる「スプリング・ハズ・カム」 ■掌編小説 竹中優子「襖」 ■歌人の一週間 廣川ちあき/佐佐木頼綱/田中ましろ/石川美南 ■ねむらない短歌時評 寺井龍哉「されど われらが批評――」 ■歌会潜入! 東直子「本のあるところで、新鮮に」(ajiro歌会) ■学生短歌会からはじまった 土岐友浩「温玉とからあげをカレーに乗せてもらった話」 ■文学館めぐり 千葉聡+折田日々希・柳村萌「神奈川近代文学館」 ■文鳥は一本脚で夢をみる 新刊歌集レビュー 梅﨑実奈「時とレッテルの洪水のなかで」 ■編集委員の目 寺井龍哉「短歌と二人の作家――佐藤泰志と村上春樹」 ■二二野歌 山川築/佐伯紺 ■笹井宏之への旅 枡野浩一/筒井孝司「短歌との出会い、人との出会い」 ■書評 寺井龍哉「戦史の充足」……『戦争の歌』(松村正直) 小島なお「つめたいきぼう、あたたかいあきらめ」……『水のために咲く花』(宮川聖子) 小島ゆかり「惨く尊い命」……『歓待』(川野里子) 笹公人「サーのようなター」……『アーのようなカー』(寺井奈緒美) 伊藤一彦「軽さの奥に」……『煮汁』(戸田響子) 岡野大嗣「短歌界のナジーム・ハメド」……『平和園に帰ろうよ』(小坂井大輔) 西田政史「森を見つめる」……『光のアラベスク』(松村由利子) 大森静佳「心のひと」……『ザベリオ』(大口玲子) 初谷むい「この世界のための新しいルールブック」……『私は日本狼アレルギーかもしれないがもう分からない』(田中有芽子) 鈴木晴香「三つの「間」」……『空間』(生沼義朗) 谷川電話「〈関係〉の歌集」……『風にあたる』(山階基) 宮木あや子「千年先で待ってて」……『愛を歌え』(鈴掛真) ■読者投稿 選者=内山晶太/花山周子 編集長 田島安江 編集委員 大森静佳、佐藤弓生、染野太朗、千葉聡、寺井龍哉、東直子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2020年2月1日 A5判 216ページ 【関連本】 『ねむらない樹』vol.1:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/12851979 『ねむらない樹』vol.2:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32206252 『ねむらない樹』vol.3:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207219 『ねむらない樹』vol.5:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32208790

  • ¥ 1,430
  • 短歌ムック『ねむらない樹』のvol.3です。 【目次】(出版社サイトより) ■特集1 映画と短歌 ・対談 映画だからできること 短歌と小説にしかできないこと 木下龍也×町屋良平 ・歌人が映画を観に行く 尾崎まゆみ×門脇篤史 ・歌人の好きな映画 浅野大輝/牛尾今日子/田中槐/林和清/藤原龍一郎/フラワーしげる/石井辰彦/奥田亡羊/佐々木遥/濱松哲朗/盛田志保子/春日いづみ ・座談会 杉田協士×矢田部吉彦×東直子×寺井龍哉「映画『ひかりの歌』をめぐって」 ・論考 寺井龍哉「映画の中の短歌、その感動」 ■特集2 短歌の言葉と出会ったとき 高野公彦「短歌の様式について」 永田紅「比喩、植物名」 寺井奈緒美「笹井さん」 黒瀬珂瀾「教室に短歌を置くということ」 梅内美華子「メモの言葉を超えるとき」 天野慶「現代短歌をおみやげに」 岩倉文也「空白でまた逢いましょう」 小津夜景「母語と外国語」 山川創「注ぎ込む」  ユキノ進「寺山修司から始まる長い旅」 白井健康「短歌の言葉と出会ったとき」 ■巻頭エッセイ 東直子「私は……」 ■作品 尼崎武「見えない虹の話」 今橋愛「なにもせざりき」  魚村晋太郎「破船」  内山晶太「目のごみ」 小佐野彈「甘い火」 紀野恵「還らむとすも」 國森晴野「髪を切る」 駒田晶子「平成後半、ごく個人的な。」 鈴木加成太「浜風とオカリナ」 田口綾子「輪」 中山俊一「誕生日」 西村曜「灯々」 初谷むい「わたもふ」 花山多佳子「一日」 屋良健一郎「しとりとてん」 柴田葵「さよなら」 阿波野巧也「シャープ」 井村拓哉「大丈夫」 谷川由里子「愛は凡なり」 浪江まき子「運動」 八重樫拓也「膝に砂利」 ■コラム 川上まなみ「せせらぎ街道」 惟任將彥「さびしかつた」 飯田彩乃「ぐ」 貝澤駿一「ワールドカップあれこれ」 涌田悠「短歌は踊る」  山川藍「ひだる神とジム」 小黒世茂「照葉樹の森から」  川谷ふじの「短歌の効能」 ■ことば派 渡部泰明「殺意の和歌」 千野帽子「死なない程度に人間をやる」 ■忘れがたい歌人・歌書 栗木京子「風切羽の輝き」 ■越境短歌 倉阪鬼一郎 「補助線を引きながら」 ■歌人への手紙 佐藤弓生×川野芽生 ■歌人の一週間 工藤吉生/本多真弓/柳谷あゆみ/高山由樹子 ■短歌の雫  本多忠義「懐かしい背中」 黒川鮪「たちまちに」 嶋田さくらこ「使途不明のわたし」 ■二二野歌 楠誓英/相田奈緒 ■掌編小説 九螺ささら「円」 ■歌会潜入!(神保町歌会) 佐藤弓生「シンプルに、それぞれのペースで」 ■編集委員の目 大森静佳 「青いポートレート」 ■たましいを掛けておく釘をさがして―杉﨑恒夫論③ ながや宏高「あれはゆうべの星との会話」 ■学生短歌会からはじまった③ 土岐友浩「その論の」  ■文鳥は一本脚で夢をみる 新刊歌集レビュー③ 梅﨑実奈「たったひとりの愛と信仰」 ■文学館めぐり③ 染野太朗+佐原キオ・竹村美乃里「西行記念館」 ■ねむらない短歌時評③ 寺井龍哉「我が心は言葉にあらず」 ■笹井宏之への旅③ 中島裕介/筒井孝司「短歌に癒されて」 ■書評 加藤治郎「読む/光の体験」……『光と私語』(吉田恭大) 伊波真人「エスプリとロマンチスト」……『The Moon Also Rises』(五十子尚夏) 水原紫苑「ジンタは何処へ」……『惑星ジンタ』(二三川練) カシワイ「生きるさみしさを知るあかるさ」……『蝶は地下鉄をぬけて』(小野田光) 安田百合絵「読みのフォーカス」……『しびれる短歌』(東直子・穂村弘) 佐伯裕子「羽のような死生観」……『林立』(花山周子) 竹内亮「二重の意味での誠実さ」……『石蓮花』(吉川宏志) 柴田元幸「門外漢を疎外しない短歌」……『架空線』(石川美南) 陣崎草子「新しい宇宙を産むつもり」……『90秒の別世界』(千葉聡) 染野太朗「機微ということ」……『世界樹の素描』(吉岡太朗) 堂園昌彦「親愛の気持ちがつくるうねり」……『めくるめく短歌たち』(錦見映理子) 千葉聡「あのとき響いていた音を追うように」……『音程INTERVALLE』(西田リーバウ望東子) 平岡直子「駄洒落について」……『海蛇と珊瑚』(藪内亮輔) ■読者投稿 選者=永井祐/野口あや子 編集長 田島安江 編集委員 大森静佳、佐藤弓生、染野太朗、千葉聡、寺井龍哉、東直子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2019年8月1日 A5判 176ページ 【関連本】 『ねむらない樹』vol.1:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/12851979 『ねむらない樹』vol.2:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32206252 『ねむらない樹』vol.4:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207546 『ねむらない樹』vol.5:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32208790

  • ¥ 1,540
  • 短歌ムック『ねむらない樹』のvol.2です。 【目次】(出版社サイトより) ■特集1 第1回 笹井宏之賞発表! 大賞 柴田葵「母の愛、僕のラブ」 大森静佳賞 谷川由里子「シー・ユー・レイター・また明日」 染野太朗賞 浪江まき子「刻々」 永井祐賞 阿波野巧也「凸凹」 野口あや子賞 八重樫拓也「墓を蹴る」 文月悠光賞 井村拓哉「揺れないピアス」 選考座談会 大森静佳 × 染野太朗 × 永井祐 × 野口あや子 × 文月悠光 ■特集2 ニューウェーブ再考​ 川野里子「ニューウェーブとは何か? 再び。」 東直子「時代の血肉と骨」 千葉聡「みんなのニューウェーブ」 水原紫苑「前を向こう」 寺井龍哉「あの波こえて」 柳本々々「いろんな〈わたし〉、この〈わたし〉」 阿波野巧也「ニューウェーブの文体と韻律」 秋月祐一「ニューウェーブの末っ子」 平岡直子「ほかでもなく」 花笠海月「短歌の「ニューウェーブ」について」 谷川由里子「短歌ニューウェーブとその後の短歌」 ■巻頭エッセイ 俵万智「まがなしく」 ■作品 香川ヒサ「家鳩」 梶原さい子「北限」 北山あさひ「大停電の夜に」 鯨井可菜子「グラム・パー・デシリットル」 小島ゆかり「哲学と株」 斉藤真伸「テレビカード」 笹公人「心霊レストラン」 佐藤りえ「ふかふかの日々」 佐藤涼子「新しい風」 天道なお「春泥」 橋爪志保「灯台」 平井弘「あんじゆうる」 望月裕二郎「ずいぶんとおくにきてしまったな」 渡辺松男「一頭」 山階基「説明のいらないサラダ」 吉田隼人「永遠なるものの影」 ■座談会「俳句と短歌と」 生駒大祐×大塚凱×堂園昌彦×服部真里子 ■対談「歌人としての出発は違うけれど 後編」 林あまり×東直子 ■歌人への手紙 佐藤弓生×堂園昌彦 ■コラム 虫武一俊「変わっていくこと」 中家菜津子「詩人のお話」 坂本歩実「一番いい椅子」 服部恵典「たん」 川島結佳子「中野重治は教えてくれない」 白井健康「二十四時間営業の小国」 千原こはぎ「コスモス」 横山未来子「誕生日」 ■ことば派 和合亮一「火」/三辺律子「十八番」 ■短歌の雫 金川宏「たてがみの時間」/杉谷麻衣「水底の夜」/岸原さや「玉虫をみたことはある?」 ■二二野歌 谷川電話/小原奈実 ■掌編小説 吉岡太朗「夜を終わらせる」 ■文鳥は一本脚で夢をみる 梅﨑実奈「グレーがいちばんむずかしい」 ■忘れがたい歌人・歌書 松村由利子「明るく透きとおる抒情」 ■越境短歌 坪内稔典「最初の条件」 ■歌人の一週間 ユキノ進/山下翔/藤本玲未/竹中優子 ■歌会潜入!(中之島歌会) 大森静佳「フラットに、おおらかに」 ■文学館めぐり(石川啄木記念館) 染野太朗+越田勇俊・岩瀬花恵 ■学生短歌会からはじまった 土岐友浩「ガルマン歌会がやってきた」 ■高原英理さんへの七つの質問 高原英理+千葉聡 ■たましいを掛けておく釘をさがして 杉﨑恒夫論 第二回「いつどこでかなしみなどを背負ったのだろう」​ ながや宏高 ■編集委員の目 染野太朗「短歌の授業」 ■ねむらない短歌時評 寺井龍哉「平成三十年のキャッチ・ボール」 ■笹井宏之への旅 東直子/筒井孝司「短歌の原点は音楽」 ■書評  山田航「架空の歌論集という試み」(高原英理『歌人紫宮透の短くはるかな生涯』) 千葉聡「進め、エキストラ!」(西村曜『コンビニに生まれかわってしまっても』) 高柳蕗子「親切設計で楽しくワープ」(九螺ささら『ゆめのほとり鳥』 大松達知「世界の裏側に触れる」(惟任將彥『灰色の図書館』) 川野芽生「美しさの暴力、暴力の美しさ」(服部真里子『遠くの敵や硝子を』) 中津昌子「上等のくすり」(今橋愛『としごのおやこ』) 堀田季何「龍に会うこと」(日置俊次『地獄谷』) 山崎聡子「ポケットだらけのからだを抱えて」(田口綾子『かざぐるま』) 田村元「〈懐かしさ〉の奥にあるもの」(山下翔『温泉』) ■読者投稿 テーマ:「髪」または自由 選者=内山晶太/花山周子 編集長 田島安江 編集委員 大森静佳、佐藤弓生、染野太朗、千葉聡、寺井龍哉、東直子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2019年2月1日 A5判 192ページ 【関連本】 『ねむらない樹』vol.1:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/12851979 『ねむらない樹』vol.3:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207219 『ねむらない樹』vol.4:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207546 『ねむらない樹』vol.5:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32208790

  • ¥ 1,430
  • 天才歌人と謳われ、26歳で夭折した笹井宏之は、2019年1月24日没後10年を迎えます。書肆侃侃房では新しく「笹井宏之賞」を創設するとともに、短歌ムック「ねむらない樹」を創刊します。ムック名は笹井宏之の短歌「ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす」からとりました。歌人は誰もが、自分のなかに自分だけの「ねむらない樹」を抱いて、生きているのではないか。「歌人やこれから短歌をめざすひとにも目標になるようなどんな強い風にも揺らがない一本の樹であってほしい。たった一人ですっくと立っていてほしい」という思いからのネーミングです。(編集長・田島安江) 【目次】(出版社サイトより) ■巻頭エッセイ 穂村弘 ■特集1 新世代がいま届けたい現代短歌100 伊舎堂仁×大森静佳×小島なお×寺井龍哉 ■特集2 ニューウェーブ30年 荻原裕幸×加藤治郎×西田政史×穂村弘 ■対談 林あまり×東直子 伊波真人×滝口悠生 ■作品  蒼井杏 石井僚一 井上法子 宇都宮敦  大滝和子 岡崎裕美子 岡野大嗣 木下龍也  小池純代 佐々木朔 鈴木美紀子 武田穂佳 原田彩加 藤島秀憲 法橋ひらく 枡野浩一    第一回笹井宏之賞募集要項掲載 編集長 田島安江 編集委員 大森静佳、佐藤弓生、染野太朗、千葉聡、寺井龍哉、東直子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2018年8月1日 A5版 176ページ 【関連本】 『ねむらない樹』vol.2:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32206252 『ねむらない樹』vol.3:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207219 『ねむらない樹』vol.4:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32207546 『ねむらない樹』vol.5:https://shichigatsud.buyshop.jp/items/32208790

  • ¥ 1,650
  • 琉歌、詩、短歌へと新たなる調べは深い祈りと命への讃歌 湊さんのこの歌集は、五七五七七の短歌の韻律の作品を主としつつ、八八八六の琉歌の音数律の作品も編み込まれている特殊な一冊である。  冒頭の章「天のことぶれ」には、「太陽」を「ていだ」と発音するなど、沖縄固有の言葉や風俗が編み込まれ、沖縄の風景を想起させるおおらかな韻律の作品が並んでいる。(東直子)  「歌」の文字(哥+欠)は人が口をあけてうたう様をあらわすけれど、琉球の歌の伝統は十六世紀から十七世紀に首里王府によって編纂された最古の歌謡集『おもろさうし』がよく伝えている。歌謡「おもろ」のゆったりとした文体、リズムが美しいのは、かつては節をつけ、手拍子でうたわれたことにもかかわるとされるが、この伝統文芸は現代の沖縄民謡の詞にも引き継がれてきたといえよう。(与那原恵) 【作品紹介】 うすれゆく太陽(てぃだ)のひかりは夕星(ゆふづつ)のまたたく際にか海に溶け入る りんりんと原野(はらの)に虫がしきり鳴く星を招ぶがに冴えとほるかな 天の川 波立つ雲間に月の舟 寄り添ふ思ひ星合ひの岸に 硝煙のにほひ立ち込む月映えのけしき苦しや 死屍散る原の ガジュマルの天を遮る枝ぶりと葉むらの暗がり ふと蝶の舞ふ モクマオウの林に散らばる骨と肉 敵味方なき戦野のけしきに 青蜥蜴の波打つ腹のリズムよし 酷暑の昼にへばる風なく うなそこの疎開船のふなぞこの幼きみたまは浮かばるるなく ガジュマルの根瘤に丸まる白き猫 地より出でたる精霊(むん)のごとある 水よまさやかに さ鳴れひそやかに あかれとことはの 夢をちぎり うなばらを燃ゆるはがねの龍がゆく 煽る荒波 みなも煮え立つ 著者 湊禎佳 発行所 七月堂 発行日 2020年7月1日 A5判 157ページ

  • ¥ 2,200
  • 大橋弘第3歌集 動きそうで動かない。すなわち「名詞使い」の達人──と、ぼくが感じる所以である。 (清水亞彦) 大橋は、日常に生じた裂け目を飛ぶ、あるいはその裂け目から幻視し、イメージを召喚する。 (白鳥信也) ・トンカツの衣といえば夕闇の滲む速度で揚げるものです ・人の世におよそ幾度か降る雨の冷たさを知るポストがあった ・自転車のカゴというのはことのほかあの世この世の枯れ葉が入る (本書より3首抜粋) 著者 大橋弘 発行所 六花書林 発行日 2020年4月24日 四六判 136ページ

  • ¥ 500
  • 2018年7月10日に創刊された、歌人の大橋弘さんが編集代表の短歌同人誌emotionalです。 短歌作品のほか、大橋弘さんによるエッセイも掲載されています。 【参加同人(敬称略)】 儀光明男 梛野かおる 野口世津子 尾形平八郎 白瀧まゆみ 漠夢道 冨樫由美子 まえだたみこ(5号より) 大橋弘 編集代表者 大橋弘 発行日 2018年11月20日 A5判 20ページ

  • ¥ 800
  • 2018年7月10日に創刊された、歌人の大橋弘さんが編集代表の短歌同人誌です。 短歌作品のほか、大橋弘さんによるエッセイも掲載されています。 〔……〕私たちの社会は様々な局面で私たちにBe coolを求め、おおむね私たちはそれに従っている。 〔……〕 私たちはたぶん、好んで抑制しているのだ。 でも、 私たちはemotionalである。 (あとがきより) 【参加同人(敬称略)】 儀光明男 梛野かおる 野口世津子 尾形平八郎 白瀧まゆみ 漠夢道 冨樫由美子 大橋弘 編集代表者 大橋弘 発行日 2018年7月10日 A5判 20ページ

  • ¥ 2,750
  • 【出版社内容紹介】 生きること、死ぬことは、その理不尽と向き合い、怒り、祈り続けることだと歌人はいう。 亡き父への挽歌を収めた渾身の第七歌集。  目が覚めた。頭のなかでヤツデの葉が揺れる。ああ、雨か。かすかに聞こえる雨音。  昔住んでいた家の勝手口に植わっていたヤツデは雨が降ると大きな葉を磨りガラスごしに揺らしていた。雨なら雨、風なら風、鳥なら鳥を受けているだけ。私にはそう見えた。 (「あとがき」より) 暗き夜のおまえのなかに吃音がオーロラのごとうごめいており 待っていることが清らかだと言うなスズカケの葉が突っ伏している ひっそりと生命をかけひきする国の闇さに花をこそ敷きつめよ (本書より3首抜粋) 著者 江戸雪 発行所 砂子屋書房 発行日 2020年5月24日 四六判 204ページ

  • ¥ 2,200
  • 【出版社内容紹介】 第12回日本一行詩大賞受賞 曇天に火照った胸をひらきつつ水鳥はゆくあなたの死後へ 幽明を行き来しながら うたは火となる。水となる。 声の雫が心を濡らす。 著者 大森静佳 装幀 宮島亜紀 装画 寺澤智恵子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2018年5月15日 四六判 144ページ

  • ¥ 1,870
  • 【出版社内容紹介】 首長竜のすべり台に花びらが降る 短歌の黄金地帯をあなたとゆっくり歩く 現実と夢の境には日傘がいっぱい開いていた       加藤治郎  郵便がカタンと届き昼寝から浮上してゆく振りむけば海  エンジェルを止めてくださいエンジンの見間違いだった地下駐車場  三本締めが終わった後の沈黙に耐えられなくて服を脱ぎだす  塀越しによくしゃべってた隣人の腰から下が人間じゃない  暴れる鳥をなだめるように折りたたみ傘はかばんの中に納まる  (5首抜粋) 著者 戸田響子 監修 加藤治郎 発行所 書肆侃侃房 発行日 2019年4月5日 四六判 144ページ

  • ¥ 1,870
  • 寺井奈緒美歌集 【出版社内容紹介】 この世のいとおしい凸凹 どこまでも平らな心で見つけてきた、景色の横顔。 面白くて、美しくて、悲しくて、ほんのり明るい。                     東 直子  改札を通るときだけ鳴く鳥をだれもが一羽手懐けている  柴犬の尻尾くるんの真ん中の穴から見える極楽浄土  耳と耳あわせ孤独を聴くように深夜のバスの窓にもたれて  路上にはネギが一本落ちていて冬の尊さとして立て掛ける  なくなれば美しくなる でもぼくは電線越しの空が好きです  (5首抜粋) 著者 寺井奈緒美 監修 東直子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2019年4月5日 四六判 144ページ

  • ¥ 1,870
  • 小坂井大輔歌集 【出版社内容紹介】 平和園、たどりつけるだろうか 名古屋駅西口をさまよう あ、黄色い看板! 短歌の聖地から君に届ける熱い逸品 (加藤治郎)  家族の誰かが「自首 減刑」で検索をしていたパソコンまだ温かい  一発ずつだったビンタが私から二発になって 進む左へ  持ちあげたグラスの底におしぼりの袋がついてる愛欲は死ね  国士無双十三面待ち華やいで進むべき道いつか間違う  平等な世界を望むわれわれに大きく立ちはだかる由美かおる  (5首抜粋) 著者 小坂井大輔 監修 加藤治郎 発行所 書肆侃侃房 発行日 2019年4月5日 四六判 144ページ

  • ¥ 1,870
  • 【出版社内容紹介】 痛みと風穴が愛おしい 心に向かって254回も引き金をひかれ、逃げられました。 (道尾秀介) 圧倒的な言語感覚  類いまれな想像力と繊細な洞察力で刻む、斬新な世界。 (東 直子)  夕暮れのゼブラゾーンをビートルズみたいに歩くたったひとりで  ハンカチを落としましたよああこれは僕が鬼だということですか  自販機のひかりまみれのカゲロウが喉の渇きを癒せずにいる  鮭の死を米で包んでまたさらに海苔で包んだあれが食べたい  カードキー忘れて水を買いに出て僕は世界に閉じ込められる  (5首抜粋) 著者 木下龍也 監修 東 直子 装画 清水彩子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2013年5月25日 四六判 144ページ

  • ¥ 300
  • 【出版社内容紹介】 吉田恭大『光と私語』(https://inunosenakaza.stores.jp/items/5c1da4862a28624c2c4d68ca )をより広く深く楽しむための拡張キットです。 204ページから始まる連作「ともすると什器になって」の見開きページに重ねることで、あらたな連作+レイアウトがあらわれます。 著者 吉田恭大 発行 いぬのせなか座 発行日 2019年3月19日(第1刷)     2019年4月6日(第2刷) 表紙 185×235mm(厚紙1枚) 本体 163×222mm(トレーシングペーパー6枚)

  • ¥ 2,300
  • 【出版社内容紹介】 私語と定型がゆるく織り上げるこの場所の、この出会いの奥行きに向けて。 いつか訪れる、百年生きたあとの葬儀のための第一歌集。 著者 吉田恭大 発行所 いぬのせなか座 発行日 2019年3月31日(第1刷)     2019年7月05日(第2刷) 163×111mm 280ページ

  • ¥ 1,000
  • 著者 佐佐木幸綱 発行所 青土社 発行日 昭和54(1979)年12月15日 菊判 267ページ 函・帯付き 函にシミ・角破れあり 本体良好

  • ¥ 5,000
  • 著者 河野愼吾 口絵 北原白秋 挿絵 平福百穂 発行所 墨水書房 発行日 昭和16(1941)年3月1日 四六判 228ページ 函ヤケ 本文に一部シミ、書き込みアリ その他概ね良好

  • ¥ 734
  • 【出版社内容紹介】 ヒマな夜を無駄に過ごすなら、こんな短歌と遊んじゃえ! 私かて声かけられた事あるねんで(気色の悪い人やったけど)←これ、短歌? 短歌です。女優、漫画家、高校生――。異業種の言葉の天才たちが思いっきり遊んだ作品を、人気歌人が愛をもって厳しくコメント! 著者 穂村弘、東直子、沢田康彦 発行所 KADOKAWA 発行日 2012年01月25日 文庫判 224ページ

  • ¥ 1,980
  • 【出版社内容紹介】 僕たちは世界を盗み合うように互いの眼鏡をかけて笑った(「空を集める」より) 第9回塔新人賞受賞、故郷の石巻市で石巻若手短歌集団「短歌部カプカプ」を率いる歌人・近江瞬による待望の第一歌集。 みずみずしい青春のシーンから東日本大震災以降の自身と故郷の関係を描いた「狭間に揺れる」まで、今ここにしかない「瞬間」は三十一音で鮮やかに切り取られ、未来へと続いてゆく。新人賞受賞作・候補作を含む全365首を収録。 著者 近江瞬 発行所 左右社 発行日 2020年5月11日 四六判変形 152ページ

  • ¥ 2,860
  • 【出版社内容紹介】 ◎苔、羊歯、茸、黴、麹、海藻……。町の片隅、山の奥や海の底にひっそりと息づき、鮮やかな花や大きな木々のように人間たちに注目されることもなく、ときには敬遠されがちな、これらの生物たちもまた、命の営みを日々活発に行ない、私たちの暮らしや環境を支えてくれる大切な存在です。 ◎本書は、これらの生物が登場する小説や詩を集めたアンソロジーです。ふだん見落とされがちな、自然界の密やかな存在に目を向けた諸作品を「胞子文学」と名づけ、文学の新しい楽しみ方を発見します。 ◎2010年に弊社より刊行した『きのこ文学名作選』(飯沢耕太郎編)は、おかげさまで、幅広い読者の方々から好評を得ました(初版限定3000部完売)。 ◎本書は、その姉妹編として、斬新な装幀やさまざまな胞子的見せ場・からくりが随所にあり、見て楽しい、読んで面白い本になっています。ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ) ◎読まないと心にカビがはえちゃうぞッ! 〔目次〕 永瀬清子「苔について」…[詩] 小川洋子「原稿零枚日記」抄…[小説] 太宰治「魚服記」…[小説] 井伏鱒二「幽閉」…[小説] 松尾芭蕉2句…[俳句] 小林一茶3句…[俳句] 伊藤香織「苔やはらかに。」…[小説] 谷川俊太郎「交合」…[詩] 多和田葉子「胞子」…[小説] 野木桃花1句…[俳句] 川上弘美「アレルギー」…[小説] 尾崎一雄「苔」…[小説] 河井酔茗「海草の誇」…[詩] 栗本薫「黴」…[小説] 宮沢賢治「春 変奏曲」…[詩] 佐伯一麦「カビ」…[小説] 前川佐美雄 3首 …[短歌] 内田百閒「大手饅頭」…[小説] 尾崎翠「第七官界彷徨」…[小説] 金子光晴「苔」…[詩] 解説  田中美穂 編者 田中美穂 著者 永瀬清子、小川洋子、太宰治、井伏鱒二、松尾芭蕉、小林一茶、伊藤香織、谷川俊太郎、多和田葉子、野木桃花、川上弘美、尾崎一雄、河井酔茗、栗本薫、宮沢賢治、佐伯一麦、前川佐美雄、内田百閒、尾崎翠、金子光晴 発行所 港の人 発行日 2013年9月 四六判 364ページ

  • ¥ 1,650
  • 【出版社内容紹介】 九州・沖縄で生まれた歌には 風と水と土、そして空の匂いがする。 本書は、九州・沖縄の各地で詠まれた現代歌人の短歌を、美しい風景とともにめぐっていただく文学紀行です。九州各地に旅した歌人が、自然や人、歴史その土地の魂に触れて詠んだ歌のかずかずを紹介します。ページをめくっていただいた読者に、九州の風と歌の中の風景をすてきな短歌とともに楽しんでいただければ幸いです。 ●九州・沖縄各地で詠まれた短歌を全108首掲載 ●九州・沖縄各地の歌が生まれた風土を綴るエッセイも収録 著者 桜川冴子 発行所 書肆侃侃房 発行日 2017年10月20日 四六判 160ページ