リップヴァンウィンクルの詩学【新本】

宗近真一郎詩論集。第9回鮎川信夫賞受賞作。


 この小さな本では、パララックス(視差)に準え、時間を折り曲げるかたちで、批評の可能性が試行される。パララックスとはファインダーの画像とショットされる写像との二眼的差異のことだが、この差異を、身体感覚から出来事と表象に伏在する「時間」へと敷衍する。つまり、「思考」の事後性の懸崖を方法化する。
〔中略〕
比喩も抒情も、つねにすでにレス・ザン・ゼロである。ヤサグレたそれらの表象がコーナーを背負い、土壇場で、世界に跋扈する「経済」に、いっぱつ、カウンターを食らわす。そんな、あしたのジョーのようなシーンへ錐揉むことが、この一冊の見果てぬ夢である。
(「あとがき」より)

【目次】
Ⅰ Status Quo Poetry "Out"
   アンニュイ・ド・シャルリ
   映像的「叙事」の権能は戦争を「異化」できたのだろうか
   リップヴァンウィンクルの詩学
   「分身の強度」をめぐって
   
Ⅱ Status Quo Poetry "In"
   詩という「怪物」が召喚される
   詩的エクソダスの困難
   反詩のプネウマが「衆夷」を鎮魂する
   常世からの召喚
   「受肉」のアルゴリズム
   畏怖する音律
   タナトスの「詩劇」へ
   全身リビドーの彼岸へ
   国民経済が収奪の犠牲に
   現代社会に臨むための「ラカン的思考」
   「受肉」の啓示的詩劇
   「非詩」の快感の背後

Ⅲ Parallax Critiques
   日本語の臨界あるいは可能的な廃墟へ
   「私」の仮構性が消失するとき―江藤淳の死
   パックス・ジャポニカの終わり

あとがき


著者 宗近真一郎
発行所 響文社
発行日 2017年9月30日
四六判 225ページ

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 810円
    • 東北

      • 青森県 648円
      • 岩手県 648円
      • 宮城県 594円
      • 秋田県 648円
      • 山形県 594円
      • 福島県 594円
    • 関東

      • 茨城県 594円
      • 栃木県 594円
      • 群馬県 594円
      • 埼玉県 594円
      • 千葉県 594円
      • 東京都 594円
      • 神奈川県 594円
      • 山梨県 594円
    • 信越

      • 新潟県 594円
      • 長野県 594円
    • 北陸

      • 富山県 594円
      • 石川県 594円
      • 福井県 594円
    • 東海

      • 岐阜県 594円
      • 静岡県 594円
      • 愛知県 594円
      • 三重県 594円
    • 近畿

      • 滋賀県 648円
      • 京都府 648円
      • 大阪府 648円
      • 兵庫県 648円
      • 奈良県 648円
      • 和歌山県 648円
    • 中国

      • 鳥取県 594円
      • 島根県 594円
      • 岡山県 594円
      • 広島県 594円
      • 山口県 594円
    • 四国

      • 徳島県 756円
      • 香川県 756円
      • 愛媛県 756円
      • 高知県 756円
    • 九州

      • 福岡県 810円
      • 佐賀県 810円
      • 長崎県 810円
      • 熊本県 810円
      • 大分県 810円
      • 宮崎県 810円
      • 鹿児島県 810円
    • 沖縄

      • 沖縄県 864円
  • クリックポスト

    全国一律 164円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。