みなみのかぜ【新本】

熊本地震の1年後、2017年4月14日に、熊本にゆかりのある詩人たちによって創刊された詩誌『みなみのかぜ』です。

詩と書評。

あとがきにも似たプロフィールページには、それぞれの方のこころにある熊本と、熊本地震の時のことが書かれています。


参加(敬称略)
麻田あつき
清水らくは
津留清美
平川綾真智
広瀬大志
菊石朋(第二号より)
豆塚えり(第二号より)
村上由起子(第四号ゲスト)


発行日2017年4月14日(第一号)
A5版 本文30ページ前後
発行所 みなみのかぜ
編集長 清水らくは

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
  • クリックポスト

    全国一律 185円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。