自殺【新本】

この詩集は想像の世界ではなく現実の世界の事である。
安川登紀子は昨日も今日も明日もこの世界を生きている。
この真実と恐怖の中で。
詩を書くということは安川登紀子にとってどんな意味を持つのだろうか。
戦慄と感動がこの詩集にはある。


問題は
醜い自分を
どう生き貫くか

見たくないものを見ないためには
視点を
宙に置くこと
鏡の前で
宙を視て
立ち尽くす
(「人間は醜い」)



ろくでなしの亭主に
「私の体は商品なの
触らないで!」と
(「体を売る女」)


既刊詩集
『インク』(詩学社)
『記憶』(詩学社)
『緑よ緑』(詩学社)
『手紙、遠い日へ』(詩学社)
『長老の愛した女たちの季節』(七月堂)


著者 安川登紀子
発行所 七月堂
発行日 2019年2月15日
四六判変形 162ページ

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックライト370

    全国一律 370円
  • クリックポスト

    全国一律 198円
  • レターパック520

    全国一律 520円
通報する

ショップの評価