那覇の市場で古本屋【新本・サイン入】

日本一大きな新刊書店から、日本一狭い古本屋の店主へ。
三畳の帳場から綴る、日々の切れはし。


那覇市第一牧志公設市場を目の前にして店舗をかまえる、「市場の古本屋ウララ」さんが、開店してから一年半の頃に出版された一冊です。

市場の古本屋から見えた沖縄のことや暮らしのこと、本のこと。


2013年7月22日発行
四六判
本文224ページ
著者サイン入

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 185円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価