Lontano【新本】

土星のつめたい大気を游泳する幻覚にとらわれている


彷徨える少女の軌跡はどこにしるされるのだろうか。頁も記されず、タイトルも無くアヴィオンの香りの中を文字は綴られる。遠く、かすかな谺のように。
榎本櫻湖の小説を読んでみたいものだ。その第一歩で有ることを密かに確信している。



  赤くも黒くもない
  透明な首



  それにしても
  突然、目が覚めるようなできごとが
  ある啓示として顕われたとき
  酩酊することを厭う
  だが、そのかわりにオカルトを
  好むものだとは想像してもいなかった
  湖面をすべる陰謀論や
  弱音器つきの心霊現象も
  薄くひらたい
  虫たちの呼気を乱反射する円窓に
  映り込んだ休憩を
  まちわびる
  固形のメガロパについて
  紅茶を飲む女
  彼らの声が誘きよせられている録音物
  無頭のスフィンクスの耳の裏がわ
  催奇性のある流体
  サッフォーは
  黥のある
  死刑執行人の恋人



  土星のつめたい大気を游泳する幻覚にとらわれている



  グワカマーヨがくわえた真珠
  または艶めく欺瞞か


著者 榎本櫻湖
発行所 七月堂
発行日 2018年9月30日
B6判 60ページ

¥ 1,296

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。