ミュート・ディスタンス【新本】

川津望第一詩集


ミュートする内臓がまぶしい
潜勢態としてのそのような自己を生きようとするヴィヴィッドな言語的生き物、それが私たちのまえにあらわれた新星川津望ではないか。
──野村喜和夫

唐突だが新嘗祭における「魂振り」が時間と生命の活性化を促すように、川津望の詩集は心と身体の活性化を促す。
──田野倉康一


流れるものは見当たらないが
   欄干から身をのりだす
(もういない月の王様
    うしろから力づくで
   (日も息も短くなった
    きゅうりの浅漬けのように揉みしだかれ
とっさに叫んだ王様の名まえ
       (お手を触れないでください
   抵抗したことも
一週間で破棄された婚約も
オートロックなのではいれない
  かつて川が蛇行していた付近で
       タクシーに乗った
    わたしは貨幣で星座にされたっぽい

(「記憶喪失」より)


著者 川津望
発行所 七月堂
発行日 2018年9月15日
A5判変型 93ページ

¥ 1,699

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 185円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。