神聖なる怪物【新本】

呪縛(にちじょう)からの解放

舞踏から詩へ、文学から映画へ。
畏怖という古代的感情にふさわしい芸術はどこにあるか。
サッフォー、ブルトン、アドニス、シオラン。
世界の彼方へと向かう芸術批評論集。


この一〇年ほどに書いた文章のなかから、海外の文学者と芸術家について書いたものを集めて、一冊に纏めてみた。(略)
「神聖なる怪物」というのは一九世紀の終わりごろ、フランスかイタリアで考案された言葉である。正確なところはわからない。それは世間的な美貌や幸運に恵まれ、一世を風靡している才子を意味しているわけではない。頑固にして妥協を許さず、存在自体があまりに魁偉にして畏怖すべき芸術家を指していう言葉である。(「あとがき」より抜粋)


著者 四方田犬彦
発行所 七月堂
発行日 2018年6月25日
四六判 315ページ

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価