ゆきはての月日をわかつ伝書臨【新本】

菊井崇史詩集。350ページにおよぶ長編詩です。


埋めることことなどできない離散 別離をおもいしらされながら
手紙を託すように 遙かな宛先へ書き継がれた詩文に息衝く抒情
その痛切も断絶も 詩に護られねばならない
(帯文より)


著者 菊井崇史
発行所 書肆子午線
発行日 2018年8月10日
A5変形判 350ページ

¥ 2,480

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック510

    全国一律 510円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。