ゼツメツキグシュノオト(絵本)【新本】

音の台所さんと春畑セロリさんによる絵と詩と音楽で絶滅危惧種たちに思いをよせる作品。
科学コミュニケーターの深津美佐紀さんによる解説やゼツメツキグシュリスト、生物学者の阿部健一さんによるコラムも収められています。
この絵本のほかに、CDと楽譜も発売されており、読んで聴いて弾いて楽しめる作品です。


この本は
左ページに 小さな楽譜
右ページには 生きものの絵

絵のなかの短い詩を
そっと声をだして 読んでみてください

詩のタイトルは「音楽用語」
生きものの特徴に結びつく言葉です

この絵と詩から ピアノ曲がうまれました

曲のタイトルは「生きものの名前」
彼らのすむ空間へ つれて行ってくれる曲

小さな楽譜は いちばん彼ららしい一節
生きものたちの 音のモティーフです

絵と詩と音楽

左右のページを眺めながら
ゼツメツキグシュたちの声を 言葉を
どうぞ想像してみてください
(まえがきより)


著者 絵と文:音の台所(茂木淳子)、音のモティーフ:春畑セロリ
発行所 らんか社
発行日2018年5月15日
A5変形判(15.4×15.4cm) 46ページ

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価