神様のいる街【新本】

 周波数を探っていた。日曜日の深夜だった。その時間帯だけ空気がきれいになる。壊れかけたラジカセのチューニング・ダイヤルを一ミリずつ動かし、東京から五百キロ離れた神戸のラジオ局の電波をとらえようとしていた。聴きたい番組があったわけではない。ただ、神戸の時間や空気とつながれば、それでよかった。
(「トカゲ色の靴」より)

神保町を歩いた青の時代と、
あのころの神戸ー。
著者の自伝的エッセイに加え、
幻の処女作『ホテル・トロール・メモ』を収録。
(帯文より)


著者 吉田篤弘
発行所 夏葉社
発行日 2018年4月25日
四六判変形上製 128ページ

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 185円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価