詩の戦後─宗左近/辻井喬/粟津則雄【新本】 | 七月堂古書部

1/4

詩の戦後─宗左近/辻井喬/粟津則雄【新本】

¥2,592 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

戦後、詩は何を経験したきたのか。


1955年『死の灰詩集』論争で切り開かれた詩の戦後。
2011年東日本大震災後の現在まで、詩は何を経験してきたのか。
宗左近、辻井喬、粟津則雄、寺門仁、古木春哉、秋山清、吉本隆明、眞鍋呉夫の名と共に語られる詩の戦後の記憶。
装幀=佐々木陽介


目次

第一章 詩の戦後

戦後詩の成立──『辻詩集』と「死の灰詩集」のあいだ
詩の断絶/詩の終焉
反「師系」の文学の系譜
私性と韻律
文転・離群・戦後 中村稔氏への手紙―『私の昭和史』(全五巻)を読んで
寺門仁 「遊女」の謎
古木春哉 古木春哉の死
宗左近 宗左近と戦争
    宗左近への接近
秋山清 秋山清と直接行動
吉本隆明 吉本隆明の死
眞鍋呉夫 黙つて置いてゆきし若鮎
     眞鍋先生を哭す
     眞鍋呉夫の俳句
     すべての表現は本歌取りでなければならない
辻井喬 辻井喬という謎
    辻井喬の死
粟津則雄 粟津さんの眼力
     言葉に感応する力
詩の戦後――宗左近/辻井喬/粟津則雄

第二章 われわれが踏み込みつつある世界 二〇〇三年─二〇一五年

われわれが踏み込みつつある世界
詩人の系譜
死を見つめる眼差し
日常との調和 他者との異和
詩を書かないということ
詩の癒し 詩の力
詩はなにを祈るのだろう
人はなぜ哀しい生きものとして死ぬのか
今日の「遠いものの連結」
はじめからそこにあった哀しみ
わたしは孤独であり 孤独ではなかった
詩は予知する/大地も被災する
詩の経験

第三章 空瓶通信抄 震災前/震災後

退職の弁
活字が消える日
わが朝鮮
天皇制に関する覚書
不特定多数・特定少数
尖閣諸島・延坪島、朝鮮高校授業料無償化問題
震災記
火急すみやかに原発依存から脱却せよ
ふるさとは母います国
〈震災後〉という時代


近藤洋太 著
四六判並製(クータ・バインディング)
352ページ
発行所 書肆 子午線

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (137)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,592 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品