漆の扉【新本】

川と地の境界の帯のような草地 そこに漆の扉があります


著者の吉津謹子は30年前に統合失調症と診断された。
詩を書くことでその日々を今まで生きてきたという。
ここに描かれる世界は、現実も幻も、同じリアリティを持って描かれている。
そして作品に貫かれる「死」の空虚で生々しい感覚。吉津は幼いころに戦争を経験した世代である。
生きること、死ぬこと、その人生の中から湧き出ざるを得なかった言葉。
自伝的作品でありつつ、人間に共通する大きな視点を持つ詩集だろう。



「死者の旅立った後に」

まっさらな夜明け
枯れた白骨が積み重なった夢の底辺にいて
鳥のさえずりと木の葉のざわめきを聴いている
夢の衣をぬぎ捨て
目を閉じると森が生まれた
と悲しみから解き放たれた死者が
夢の木霊に答えるように
ひとりまたひとりと旅立ってゆく
獣や鳥を飼う豊かな森には
三叉路の分岐点がある
死者たちはそのあたりに立ちつくし
季節の風の移ろいを聴き
水溜りから空との距離を測る
ひたすら舞いすっと消える雪
気まぐれな雲の行方を追いつつ
方位をかいでいる

死者たちは晴れた快よい日を選び
寛容な愛という妙薬に導かれて
巡礼のごとく 白い杖を連らねて
西方に向かう

しかし生きているものは
時間に貪られながらも
不滅なものに至る
視座のあることを知っている
それが幻想であったとしても



吉津謹子 著
詩集
2016/10/10
発行 七月堂
A5 並製カバー付

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 810円
    • 東北

      • 青森県 648円
      • 岩手県 648円
      • 宮城県 594円
      • 秋田県 648円
      • 山形県 594円
      • 福島県 594円
    • 関東

      • 茨城県 594円
      • 栃木県 594円
      • 群馬県 594円
      • 埼玉県 594円
      • 千葉県 594円
      • 東京都 594円
      • 神奈川県 594円
      • 山梨県 594円
    • 信越

      • 新潟県 594円
      • 長野県 594円
    • 北陸

      • 富山県 594円
      • 石川県 594円
      • 福井県 594円
    • 東海

      • 岐阜県 594円
      • 静岡県 594円
      • 愛知県 594円
      • 三重県 594円
    • 近畿

      • 滋賀県 648円
      • 京都府 648円
      • 大阪府 648円
      • 兵庫県 648円
      • 奈良県 648円
      • 和歌山県 648円
    • 中国

      • 鳥取県 594円
      • 島根県 594円
      • 岡山県 594円
      • 広島県 594円
      • 山口県 594円
    • 四国

      • 徳島県 756円
      • 香川県 756円
      • 愛媛県 756円
      • 高知県 756円
    • 九州

      • 福岡県 810円
      • 佐賀県 810円
      • 長崎県 810円
      • 熊本県 810円
      • 大分県 810円
      • 宮崎県 810円
      • 鹿児島県 810円
    • 沖縄

      • 沖縄県 864円
  • クリックポスト

    全国一律 164円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。