さとりの手帖【新本】

奈良の詩人、西尾勝彦さんの作る私家版本です。
さとりの道は、けわしく、遠く、されどのほほんまいりましょう。


まえがきより
「さとりってなんだろうと思いつづけてきました。東洋思想の精華であり、謎の領域です。
 最近になって、さとりのことをことばにすると、さとりから遠ざかるというふしぎなしくみがあることに気づきました。さとりは、ことばに依らない世界なのです。
 この小さな本は、ことばにできないさとりをことばにしています…。ちょっと「とほほ」な本ですが、あまり気になさらず、お茶でも飲みながら読んでいただけたら幸いです。」



2016年9月13日初版発行
12.8㎝×18.2㎝

¥ 648

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
  • クリックポスト

    全国一律 164円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。