花火【新本】

望月遊馬さんの私家版詩集です。


胡蝶蘭の匂いよりもすこしだけ
時はほどかれている
通学区域へといまにも崩れかける塀
もうすこしで生き埋めになってしまう
だれもそこに近づくことはない
光が光っているのが怖かった
ただそこで光は笑っていたのだ
(「晒された森と水分」より抜粋)


著者 望月遊馬
発行日 2019年10月30日
A5判 12ページ

¥ 500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックライト370

    全国一律 370円
  • クリックポスト

    全国一律 198円
  • レターパック520

    全国一律 520円
通報する

ショップの評価