絶景ノート【新本】

岡本啓第2詩集。第25回萩原朔太郎賞受賞作。


終わりを告げる言葉はあるのか、まだ迷っている。〔……〕ひとはいのちを終わらせながら生きている。ただ、どんな言葉もいのちに終わりを告げることはできない。鶏を絞め殺すような暮らしの原風景に立ちたいと思った。
〔……〕
はじまりと終わりの狭間で生きて、わたしたちは圧倒的だ。ただわたしたちは常に書きかけで、はじまりはいつもなかなか見えない。ありきたりな自分は、宙吊りでこころもとないばかりだ。
(「絶景ノ音」より抜粋)


著者 岡本啓
発行所 思潮社
発行日 2017年7月20日
A5判変型 116ページ
2刷

¥ 2,376

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    全国一律 185円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。