ひかりがやわい【新本】

海老名絢詩集。前作『きょりかん』以降に書かれた詩がまとめられています。


明日のひかりを知りたい。
今日のカーボンコピーのように
少しずつずれて。
雲の向こうから
こぼれる、だろうか。
(「白のフィルタ」より抜粋)


著者 海老名絢
発行サークル パレオパラドキシア
発行日 2018年7月7日
12.8×12.8cm 79ページ

¥ 1,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコヤマトDM便

    ポストへの投函となります

    全国一律 100円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。